最新情報

血管若返り効果もアップ?涙が出ない玉ねぎの切り方&かぼちゃの簡単な切り方

2017年8月17日 | カテゴリー:健康 生活

玉ねぎは血管に良いけど目が痛くなったり涙が出たりして切るのが大変。ですが少し切り方を変えるだけで切る時に目が痛くならないだけでなく味まで大きく変わるのです。

この投稿の続きを読む »

DNAが錆びるとがんができやすい状態に

2017年8月16日 | カテゴリー:健康

胃がんを完全に取り除いたにも関わらず再発や転移ではない新しいがんが何度もできてしまう人がいます。胃がんになった800人の患者さんのその後を追跡調査した研究で分かった事だそうですが、そのような胃に何度もがんができる人は共通して胃のDNAが錆びてしまっているといいます。

この投稿の続きを読む »

がん予防に良いβカロテンと大豆イソフラボン どれくらいが摂り過ぎか

2017年8月15日 | カテゴリー:健康

βカロテンは抗酸化作用があり摂取量が多い人のほうががんになりにくいといいますが摂りすぎると時にリスクになる場合があるといいます。

この投稿の続きを読む »

長寿姉妹きんさんぎんさんの娘の腸にはスペルミジンが高濃度に含まれていた

2017年8月15日 | カテゴリー:健康

タグ:

長寿姉妹きんさんぎんさんのぎんさんの娘、津田美根代(93)さんが血管年齢や腸内細菌を調べる検査を受けたところ、スペルミジンという物質が便に高濃度に含まれていたという。血管年齢は実年齢より10歳程度若かったそうです。

この投稿の続きを読む »

香港 長寿

2017年8月14日 | カテゴリー:健康

タグ:

長寿世界一の香港は60代の高血圧の割合が37.5%と日本より少なく血管が若い人が多いらしい。
香港では2000年に健康推進プロジェクトがスタート。運動できる公共の施設を増やしたり食生活の改善や禁煙運動など健康意識を高める様々な活動が血管の老化防止→長寿世界一に繋がっているという。

この投稿の続きを読む »

放っておくと危険な歯茎の出血 歯周病菌が心臓の弁に蓄積し…

2017年8月13日 | カテゴリー:健康

歯茎の出血が気になりながらも治療せずに放っておいた結果、歯周病菌が心臓の弁に付着し、感染性心内膜炎を発症したという例があります。

この投稿の続きを読む »

口や目が乾くシェーグレン症候群 ただのドライマウスと見分けるには

2017年8月12日 | カテゴリー:健康

シェーグレン症候群とは免疫が異常をきたし正常な細胞を攻撃してしまう膠原病の一種。特に唾液腺や涙腺の細胞を攻撃するのが特徴でドライマウスやドライアイに似た症状が現れます。

この投稿の続きを読む »

熱中症と間違いやすい夏血栓

2017年8月11日 | カテゴリー:健康

夏血栓とは汗をかき水分不足に陥る事で血液がドロドロになり固まってしまうという夏特有の血栓です。

この投稿の続きを読む »

食べた時にむせる誤嚥予防に唐辛子&胡椒 サブスタンスPが増えて飲み込み力アップ

2017年8月10日 | カテゴリー:健康

サブスタンスPは飲み込み力に欠かせない物質です。全身の様々な神経にある神経伝達物質の一種で痛みなどの情報を脳に伝える情報の運び屋といわれています。

このサブスタンスPが少ないと、食べ物が喉の奥に来た時に感知→脳や脊髄に信号を送る→気道のフタを素早く閉めるという嚥下反射が正常に行われにくいので、食べた時に食べ物が気管に侵入、咳き込む、むせるなどの症状が現れやすいといいます。

この投稿の続きを読む »

糖鎖を伸ばし免疫力アップさせるシアル酸 ししゃもタマゴたらこに多い

2017年8月9日 | カテゴリー:健康

タグ:

糖鎖とは全ての細胞の表面に付いている産毛のようなもので8種類の糖が鎖のように繋がってできています。がん細胞やウイルス細菌などの外敵を察知する役割を果たしていることから細胞のアンテナとも呼ばれています。

この投稿の続きを読む »

唐辛子で快眠

2017年8月4日 | カテゴリー:健康

睡眠専門医の遠藤拓郎さんが唐辛子(カプサイシン)を食べると快眠に繋がると言っていた。

この投稿の続きを読む »

ヒアリの上陸を予言した人 次はツマアカスズメバチとブラジルサシガメが来るかも

2017年8月2日 | カテゴリー:生活

2年前にヒアリの上陸を予言した五箇公一さんが、ヒアリよりも怖いというツマアカスズメバチとブラジルサシガメが定着するかもと予想しています。

※五箇公一(ごか こういち)・・・国立環境研究所 農学博士 環境省からの要請で日本に迫る外来生物を研究

この投稿の続きを読む »

もやもや血管治療のスーパードクター奥野祐次さんの病院

2017年8月1日 | カテゴリー:健康

もやもや血管とは慢性痛の原因の一つで患部に発生したごく細い新生血管のこと。カテーテル治療専門医の奥野祐次さんは運動器カテーテル治療という方法でもやもや血管を治します。

この投稿の続きを読む »

血管を傷付けるピストル血圧 下げる習慣は帰宅

2017年7月29日 | カテゴリー:健康

ピストル血圧とはイライラや緊張などによって血圧が一時的に急上昇する危険な状態のこと。この急激な血管への圧力によって血管が傷付きボロボロに。

急上昇した血圧はどんな習慣で下がるのか、24時間血圧計を使って血圧をリアルタイムで測定して検証した結果では、好きな飲み物を飲んだり何かの合間にリラックスしている時に下がり、一番は帰宅する時だったという。


使っていた24時間血圧計はこれ?

携帯型自動血圧計TM-2433
http://www.aandd.co.jp/adhome/products/me/tm2433.html

普通は計るのが難しい活動中の血圧や睡眠中の血圧を計測できるらしい。どういう時に上がるのかがわかるのは良いですが25万もしますね…。
24時間血圧計を使った検証に協力した人は、興奮したりイライラした時など血圧が上がってそうな時は実際に上がってる事が多いと言っていました。そのような血圧が上がってそうな時は、イヤイヤする子供のように上半身をブラブラさせる(15秒~20秒くらい)と落ち着くそうです。

この投稿の続きを読む »

メラトニンに骨粗しょう症の予防効果が

2017年7月26日 | カテゴリー:健康

骨の中には骨を保っていくために骨を作る細胞と適量の塩酸を出して骨を壊す細胞(破骨細胞)の両方が存在しています。年を取るとその2つの細胞のバランスが崩れ骨を壊す細胞が活性化、新しい骨作りが間に合わず骨が老化してしまいます。

あの睡眠を促したり抗酸化作用があるといわれるホルモン、メラトニンには骨を壊す細胞の活性化を抑える働きもあり、たくさん分泌できていれば骨の老化防止、つまり骨折・骨粗しょう症の予防に繋がるという。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ

イメージ画像