最新情報

副作用無くがんを治す「光免疫療法」 悪影響や費用、実用化時期は

jikken-kennsa-kennkyuu

2016年8月26日 | カテゴリー:健康

がん細胞だけを取り除くことができて副作用も無い「光免疫療法」という画期的な治療法を日本人の研究者が発表した。

この投稿の続きを読む »

残ったメロンを食べた時に舌がピリピリするのは大丈夫?美味しさを保つ正しい保存方法

meron5

2016年8月25日 | カテゴリー:生活

夏の定番フルーツ「メロン」の美味しさを保つ正しい保存方法。

この投稿の続きを読む »

枝豆はフライパンで蒸したほうが茹でたりレンジで加熱するより美味しくて栄養も逃げない

edamame160723

2016年8月24日 | カテゴリー:健康 生活

肝臓は腸内から血液中に入り込んだ悪玉菌が出す毒素を分解する働きがあります。冷たい物の摂り過ぎなどによって腸の働きが低下すると悪玉菌が増加するので肝臓は毒素を分解するために働き疲れきってしまいます。

枝豆にはそんな夏の弱った肝臓の働きを助けるオルニチンという成分が多く含まれているのですが、ただ茹でるだけではかなり逃してしまっているのです。

この投稿の続きを読む »

口の周りに吹き出物がよくできるのは内臓疲労が原因かも、予防回復には食事や生活習慣によって腸内環境を整えること

naizou-zouki

2016年8月23日 | カテゴリー:健康

内臓疲労とは冷たいものの摂り過ぎや冷房に長時間あたるなどによって胃腸の粘膜の血流が低下し、内臓の機能が低下してくる事。

胃腸の働きが低下すると消化吸収が悪くなったり、腸内では悪玉菌が増えて腸内環境が乱れたりするので「肌荒れや口の周りに吹き出物がよくできる」「便秘や下痢が続く」などの症状が出る場合があります。

予防回復には栄養や生活習慣によって血流を良くしたり腸内環境を整えることが効果的といわれています。

この投稿の続きを読む »

タバコや運動不足が身長を縮める原因に?椎間板症を引き起こす生活習慣

sinnchou

2016年8月21日 | カテゴリー:健康

身長を縮める原因に骨粗鬆症によるいつの間にか骨折や、椎間板が薄くなる椎間板症などがあります。

この投稿の続きを読む »

すぐ怒る、体が熱い、物が捨てられないのは男性更年期障害による症状かも、予防効果が期待できる男性ホルモンの分泌を促す食べ物

okoru-ikari

2016年8月19日 | カテゴリー:健康

男性更年期障害は男性ホルモンの減少が原因で昔に比べてすぐ怒るようになったり不安を感じやすくなるなどの特徴があります。男性更年期障害は治療すれば治る可能性が高い病気なので変化を見逃さず早期発見する事が大切です。

この投稿の続きを読む »

会話や自力での歩行も難しい状態の認知症が社交ダンスで回復

shakoudansu

2016年8月18日 | カテゴリー:健康

タグ:

会話や自力での歩行も難しい、ほぼ寝たきりの状態まで進行した認知症(レビー小体型)を、社交ダンスを始めて1年で海外旅行へ行けるほどまで回復させた人がいます。

社交ダンスは認知機能や認知症に良い影響を及ぼすという研究結果がたくさん発表されています。運動しながらステップを考える社交ダンスは、全身運動と知的活動の両方を同時におこないます。これが認知機能の予防回復に効果があると考えられています。

昔好きだった趣味や運動などは脳にとって良い刺激になるので、この方は昔社交ダンスが好きだった事も回復できた大きな要因だったといいます。

この投稿の続きを読む »

うつ状態の改善には腸内環境を整える事が大切

utu

2016年8月17日 | カテゴリー:健康

心身の安定に関わる脳内物質が減り憂鬱な気分などになるうつ病。食生活と脳の関係について研究している功刀浩先生によると、うつ状態と食生活の間には密接な関係があるといいます。

この投稿の続きを読む »

乳酸キャベツの作り方 腸内環境改善や熱中症対策に

ncc

2016年8月11日 | カテゴリー:健康

ヨーグルトを始めとした動物性乳酸菌は便秘の予防、大腸がんの予防、免疫力アップなど様々な効果が発見されていますが腸まで届きにくいのが欠点です。乳酸キャベツは植物性乳酸菌なので腸に届きやすく、食物繊維も摂れるので腸内環境改善にとても良いといわれています。

この投稿の続きを読む »

ニンニクの免疫力アップ成分アホエンを増やすニンニクオイルの作り方 がん予防、動脈硬化予防、認知症予防などの効果が期待 皮を簡単にむく方法

ninniku

2016年8月9日 | カテゴリー:健康

タグ:

アホエンはニンニクに熱をゆっくり加えることによってできる物質。免疫力アップだけでなく、抗血栓作用、脳血栓の予防、動脈硬化の予防、アルツハイマー病の予防、肌のシミを防ぐ作用、がんの進展を抑制する作用など様々な効果が発表されています。

アホエンをたくさん摂れる上手なニンニクの食べ方とは。

この投稿の続きを読む »

夏にめまい・筋肉痛・頭痛・吐き気などがあったら熱中症の初期症状やサインかも

necchuushou-taiyou

2016年8月7日 | カテゴリー:健康

人間の身体は常に体温を37℃以下になるようにコントロールされています。熱中症は体温を37℃に保てなくなって37℃以上に上がってしまい、体内の臓器が熱を持ったり、水分や塩分の不足によって血流が減少して栄養分やエネルギーが全身に届かなくなった状態をいいます。

この投稿の続きを読む »

がん死亡率が一番高い青森県と一番低い長野県の違い

aomori

2016年8月5日 | カテゴリー:健康

タグ:

沖縄スーパーフードもずくの健康パワー 動脈硬化、がん抑制効果など

mozuku

2016年8月4日 | カテゴリー:健康

タグ:

スーパーフードは栄養価が著しく高く健康に役立つ食材のこと。スーパーフードは海外のものが注目されることが多いですが、沖縄の伝統的な食材にも栄養価が高いスーパーフードと呼ぶにふさわしい食材がたくさんあったのです。

そんな沖縄の伝統的な食材であるもずくに動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞などの予防効果があることがわかり、スーパーフードとして再注目されています。

この投稿の続きを読む »

沖縄のダイエット食材「発酵さとうきびバガス」 食物繊維がレタスの49倍&認知症予防効果も

satoukibi-bagasu1

2016年8月4日 | カテゴリー:ダイエット 健康

タグ:

沖縄県は長寿のイメージが強いですが、食生活の欧米化によって脂質を多く摂る食生活になったことが原因で、女性の平均寿命は3位、男性は30位と平均寿命が他県に抜かれてきています。

沖縄県は暑いので肥満が少なそうなイメージもありますが、実は肥満率が全国1位。そんな肥満の人が多くなってしまった沖縄県では肥満率改善のため、脂肪を吸着して排出するダイエット効果がある発酵さとうきびバガスの普及を進めているといいます。

この投稿の続きを読む »

便秘はご飯(炭水化物)を冷やして食べれば発酵食品や運動をしなくても改善する

hiyagohan

2016年8月3日 | カテゴリー:健康

便秘の改善には食物繊維をたくさん摂ったり、ヨーグルトなどの発酵食品を摂ることや運動が良いといわれています。

たけしの家庭の医学に出演していた瓜田純久先生によると、冷やしたご飯やパスタ(炭水化物)に多く含まれているでんぷんの一種レジスタントスターチに便秘解消効果があるので、発酵食品を食べたり運動したりしなくても、主食であるご飯やパスタを冷やして食べれば便秘解消が期待できるといいます。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ

イメージ画像