重陽の節句に食べると良い栗の美味しい食べ方と皮の剥き方

kuri

9月9日は重陽の節句。中国では奇数が連なる日は縁起が良いとされ、桃の節句や端午の節句に邪気払いをする風習が日本にも伝わりました。中でも一番大きな数字が連なる9月9日は最も縁起が良い日とされ、江戸時代には節句の中で最も重要とされていました。

重陽の節句に願うこと

3月3日の桃の節句には女の子の成長、端午の節句には男の子の立身出世を願います。旧暦の9月9日は現在の10月半ばにあたり実りの季節。実りの季節にあやかって人生も豊かな時期が続くよう、「不老長寿」を願いました。

長崎で来月開催される「長崎くんち」も九州の方言で9日(くにち)がくんちに訛ったもので、重陽の節句から転じたお祭りの一つといわれています。

スポンサーリンク

重陽の節句の菊湯の入り方

5月は菖蒲湯、12月は柚子湯など、邪気を払うため旬に合わせた薬湯に入る風習があります。重陽の節句には菊をお風呂に入れる風習があります。菊は古くから薬草として用いられ、豊かな香りが邪気を払うとされてきました。

菊は開花期間が長いことから、長寿を表す花として重陽の節句に用いられてきたため、重陽の節句は菊の節句ともいわれています。

菊湯の入り方

菊湯を作る場合は菊の花を湯船に散らすだけでなく、乾燥させたものを袋に詰めて浴槽に入れるとより香りが引き立ちます。

重陽の節句に食べると良い食べ物

重陽の節句は収穫祝いも込められているので、この時期に取れるものであり、秋の恵みの象徴として栗は縁起が良いとされていました。

秋茄子

9日にナスを食べると病気にならないとの言い伝え。

食用菊

薬草として親しまれた名残。

菊酒

邪気を払い長寿を祈願する。

栗を美味しくする方法と皮の剥き方

栗は買ったら密封して冷蔵庫へ

栗は寒い場所に置くと、栗自身が凍らないようにと糖分を作るため甘みが増す性質があります。

沸騰したお湯に5分間漬ける

お湯を沸かした鍋に火を止めてから皮付きの栗を入れ5分間漬けると、鬼皮が柔らかくなり剥きやすさがアップします。5分間つけたら栗のお尻の部分を切り落として、落とした部分に刃を入れ上へ引っ張ると簡単に皮を剥くことができます。

栗ご飯にするときは、薄皮まで剥いた後水に1時間漬けると灰汁がしっかりと抜け美味しい栗ご飯を作ることができます。

重陽の節句に飾るもの

雛人形

重陽の節句に雛人形を飾るのは江戸時代に始まった「後の雛(のちのひな)」という風習。健康長寿を願う事と、ひな祭りから半年経つということで「虫干し」を兼ねて雛人形を出して無病息災を願います。

ひな祭りは子供のために飾りますが、「後の雛」の場合は自分達の健康長寿を願って飾り大人のひな祭りと呼ばれています。

スポンサーリンク


関連記事

2015年9月7日 | カテゴリー:生活

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像