現役医師が実践1日5食ダイエット 3週間で8.8kg痩せた人も

現役の医師、日比野佐和子先生が実践している1日5食ダイエット。

日比野佐和子

    Rサイエンスクリニック広尾院長 美に関する様々な雑誌や書籍を出版 40歳の時の離婚が原因で体重69kgまで太ってしまったが、1日5食ダイエットを実践し半年で16kgの減量に成功した

スポンサーリンク

1日5食ダイエットのルール

長時間おなかがすいた状態で食事をすると血糖値が急上昇するため脂肪が溜まりやすくなります。間食をして空腹の時間を減らす事で食後の血糖値の上昇をゆるやかにするのがポイントです。

3時間おきを目安に1日5食

①朝食7時30分
②間食10時30分
③昼食13時30分
④間食16時30分
⑤夕食19時30分

日比野先生は現在、この時間に食べているそうですが、

①朝食9時00分
②昼食13時00分
③間食15時00分
④間食18時00分
⑤夕食21時00分

以前はこのスケジュールで食べていた時もあったようです。

朝食は必ず食べる

朝食を抜くと空腹の時間が長くなるので血糖値が急上昇しやすく脂肪が付きやすくなってしまいます。

先生のメニューはトマト入りオムレツとバナナ入りヨーグルトですが、ヨーグルトとトマトジュースを1:1の割合で混ぜるヨーグルトマトでも良いそうです。

トマトのリコピンは血糖値や中性脂肪を下げる働きがありダイエットに良いといわれています。

間食

gennmaihure-ku2

先生は1回目の間食ではナッツを5~6粒程度、2回目の間食では玄米フレークを手の平に軽く乗る程度を食べているそうですが、ビーフジャーキーやスルメなどの糖質が少ない食べ物でも良いそうです。

3週間で8.8kg痩せられた人も

直撃コロシアムで後藤聖菜さんという方が3週間実践して8.8kgのダイエットに成功していました。後藤聖菜さんは朝食はヨーグルトマト、間食はクルミとmeijiのアミノコラーゲンヨーグルトドリンクタイプを食べていました。

今まではご飯を残すことがなかったのに1日5食ダイエットを実践してからは1回の食事量が減り、ご飯を度々残すこともあったそうです。

食事は3時間おきが目安ですが2時間開いてる時や4時間開いてる時があったので前後に1時間はずれても大丈夫なようですね。

スポンサーリンク


関連記事

2016年6月21日 | カテゴリー:ダイエット

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像