【乾燥肌予防】佐伯チズさんおすすめ乾燥肌を美肌にする対策と食べ物

肌の状態チェック「うなはたけ」

  • 「う」=潤いチェック

①両手の平を頬に当て軽く抑える
※両ほほに手のひらがくっつくかをチェックする。手に頬が付いてこないと潤い不足肌。

  • 「な」=なめらかさ(油分とキメ)

①両手の指先3本を小鼻から鼻に沿って眉間まで、少しずつずらしながら軽く押していく
②両手の指先3本を眉間から眉毛の上に沿ってこめかみまで、少しずつずらしながら軽く押さえていく
※指先に程よく脂が付いているかをチェックする。脂が付いてなかったらなめらか不足肌。

  • 「は」=ハリ

①中指と人差し指をこめかみに当て、親指を耳の後ろの凹んでいるところに入れる
②そのまま手のひらを顔にあて、耳の方に引っ張る
※目尻や頬にシワができたらハリ不足肌

  • 「た」=弾力

①頬を分厚く摘む
※痛みを感じなければ弾力不足肌

  • 「け」=血色

①目頭から目尻に向かって指1本ずつ軽く押していく
②こめかみから目頭に向かって指1本ずつ軽く押していく
※目頭からこめかみの間の肌色がピンク色にならなければ血色不足肌

スポンサーリンク

対策①乾燥肌は100円で買える軍手でケア

綿100%の軍手を使う

①両手に軍手をはめて、両手のひらでほほを押す(中指はこめかみ、親指は耳の後ろの凹んでるところを押す)
②両手のひらで耳のほうへ頬を引っ張る
③両手のひらで上へ頬を引っ張る
④頭皮を揉む

対策②顔のほてりを取るマッサージ方法

100円ショップにある「鶴首スポイト」を使う

kansou4

①スポイトの先から10cmほどの位置から、顔の筋肉に沿って水をかける
②3日に1回くらい30秒間行う(何回やってもOK)
③タオルで拭く時は押さえるようにして拭く

「栗」は美肌になれる食べ物

栗は肌に良い栄養が豊富

栗はビタミン・カルシウム・鉄分など肌に良い栄養がたくさん含まれる食べ物。佐伯チズさんは栗が大好きで、全国からいろんな栗をお取り寄せして食べている。

特に福岡県の和菓子「笑栗」がお気に入り。

顔の血流を良くする方法

ホットタオル

お湯をしぼったホットタオルで顔を覆う。大事なのは耳まで覆う事。このときも親指を耳の後ろの凹んでいるところ(ツボ)を押す。

血流が良くなり水分や油分が出てきて乾燥肌対策になる。

参考:バイキング・佐伯チズさんの見解

スポンサーリンク


関連記事


2015年10月14日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像