元プロ野球選手の藪、ファンクショナルトレーニングで突然死の危機回避?正常値の3倍もあった中性脂肪が一気に正常値に改善

元プロ野球選手の藪さんがイチロー選手も実践しているというファンクショナルトレーニングを実践。高い状態が続くと血管を傷付けて動脈硬化を進めてしまうといわれている中性脂肪が正常値の3倍もあり危険な状態だったが、20日間で正常値まで改善、体重も118kgから6kgのダイエットに成功した。

※食事指導や生活習慣の指導もあり

藪 恵壱(やぶ けいいち)

    現在47歳。1993年にドラフト1位で阪神タイガースに入団。エースナンバーの18番を背負い活躍。現役時代は織田祐二似といわれていたが引退後40kg以上激太りした。

ファンクショナルトレーニング

    通常の腹筋やスクワットよりも関節などを痛める危険が少なく、同時に多くの箇所の筋肉を鍛えられるトレーニング方法。体幹強化や引き締め効果が期待できる。

藪さんが実践した4種類のファンクショナルトレーニング

○ファンクショナル腕立て伏せ

ft1
①テーブルに肩幅よりやや広く手を付く、足は腰幅くらい開き、右足を上げる
②姿勢を真っ直ぐキープしながら5回腕立て伏せする
→3秒かけて腕を曲げ、1秒キープ、3秒かけて元に戻る
③左足を上げて同じように5回腕立てふせする

※1日に右足を上げて5回、左足を上げて5回の計10回行う
※腕を曲げる深さや角度を変えて自分に合った負荷に調節する

○ファンクショナル背筋

ft3
①うつ伏せになり肩幅より広く両手両足を広げる
②右手と左足を上げて3秒キープ
③反対も同じようにして交互に5回ずつ

※手の親指は天井を向け、足首は直角にしたまま上げる

○下半身のファンクショナルトレーニング

ft4
①真っ直ぐ立った状態から片足を後ろに引き、腰を真っ直ぐ下に下ろす
②前足側に方向に体をねじる

※1日左右5回ずつ
※もっと鍛えたい場合は水が入ったペットボトルを両手で持ちながらやるとより負荷がかかる

ft2
3種類のほかにもう1種類、座った状態で体を右に2回、左に2回ひねるトレーニングもやっていたようです。1日左右5回ずつ?

スポンサーリンク


スポンサーリンク

出典:世界一受けたい授業


関連記事

2016年9月25日 | カテゴリー:ダイエット 健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像