天然のサングラス冷凍とうもろこし

天然のサングラスといえばルテイン、ルテインが豊富な野菜といえばほうれん草やケールですがとうもろこしの実の黄色い部分にも入っているらしい。ただし採れたてか冷凍のとうもろこしに限るそうです。

ルテインの量としてはほうれん草のほうが多いようですが眼科医の人が白内障や黄斑変性などの目の病気に良い「夏野菜」ということでとうもろこしを紹介していた。

  • 冷凍・缶詰・収穫1日後の中では冷凍が一番ルテインが多い

とうもろこしは劣化のスピードが速くルテインの量も時間が経つほど減ってしまうので、できれば採れたて、無理なら冷凍が一番効率よくルテインを摂る事ができるといいます。人間の目に備わっているルテインも加齢と共に減っていきますがとうもろこしのルテインも加齢(鮮度の低下)と共に減ってしまうのです。鮮度を保つ事が大切という事で缶詰や収穫して1日経っただけでも冷凍より減ってしまってるそうです。

ひるぜん野菜産直市場
https://store.shopping.yahoo.co.jp/hiruzen-ichiba/011.html

yahooショッピングを見てみたら採れたてを冷凍してそうなのがありました。少なくとも1日経ってから冷凍してるという事は無さそう?

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この前別の眼科医は太陽の光を浴びると近視を抑制する遺伝子の働きが活性化すると言っていました(太陽を直視するわけではない)。とは言えルテインのように網膜が受けたダメージを回復してくれるわけではないようなのでルテインを摂りつつ適度に太陽の光を浴びたいところですね。自分の場合は強度近視なので意味が無さそうですが…


関連記事

2017年8月19日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像