胃腸肝臓を守り二日酔いを防ぐ食べ物や飲み方とは

忘年会や新年会とお酒を飲む機会が増える年末年始。飲みすぎて後悔してしまうのが二日酔い。二日酔いの主な症状は脱水などからくる頭痛・だるさ・吐き気などですが、繰り返すと肝炎や肝硬変など大きな病気の原因になる事も。

飲む前に食べておくと胃腸肝臓を守る事ができ、悪酔いを防げる食べ物や二日酔いになってしまったときに良い飲み物とは。

昼に食べてもOK カレーパンの驚きの二日酔い防止効果

ウコン

カレーのスパイスに使われているターメリックはウコンのこと。ウコンに含まれる成分クルクミンが、肝臓の働きを助けアルコールの分解能力を高めてくれる。この効果はお昼に食べても夜まで持続し、カレーパン1個で十分。

揚げパンが二日酔いに効果的

アルコールは胃の粘膜から吸収されるが、揚げて作るカレーパンのが胃壁に膜を作るためアルコールの吸収が抑制される。その結果代謝がゆっくりになり二日酔いしづらくなる。

カツオを皮ごと食べられる料理(竜田揚げなど)

カツオの皮に含まれる必須アミノ酸の一種・リジンには肝機能アップ効果が期待できるとして研究が進められている。

二日酔いの頭痛にはコーヒー

二日酔いの頭痛はアルコールを分解した時にできる物質が血管を拡張させる事によって引き起こされる。コーヒーに含まれるカフェインには血管を収縮させる効果があり広がった血管を収縮させて頭痛の原因を取り除いてくれる。コーヒーの香りにも気分をスッキリさせるアロマ効果がある。

スポンサーリンク

二日酔いを防ぐ上手な飲み方

二日酔いを防ぐおつまみの選び方

おつまみは軽めのものにし、たんぱく質や発酵食品、ネバネバ系の食品を選ぶ。日本人は欧米人に比べ胃の粘膜を守っているムチンが少ないため、納豆きのこ海藻などのネバネバ食品からムチンを摂らないと胃を痛め易い。

たんぱく質が豊富な大豆製品も肝臓のアルコール分解能力を高める作用、レバーはアルコールを分解する際に失われるビタミンB1を補給できる。

レンコンに「ムチン」が豊富、腸の粘液を厚くし免疫力アップ
【明日葉】胃粘膜を保護し胃の働きを良くする食べ物【胃もたれ改善】

ちょっと飲みすぎた時のおつまみ

ついつい飲みすぎたら酢の物が二日酔い予防に効果的。肝臓や腸のことを考えると解毒作用があるもの摂りたい。酢は肝機能を活性化しアルコールの分解を早める働きがあるため効果的。

人肌程度のぬる燗

冷酒は胃腸を冷やすため代謝が落ち、肝臓のアルコール分解能力も悪くなってしまう。日本酒はぬる燗、焼酎やウイスキーはお湯割りにすると二日酔い予防に効果的。

飲酒量以上の水分を補給

アルコールの分解には大量の水分が必要で利尿作用もあるため、お酒自体の水分だけでは足りず体が脱水状態に。十分な水分を補ってあげると二日酔いをしづらく、肝臓の負担も軽減できる。

二日酔いのメカニズムといわれている内の一つは脱水状態で、塩分やミネラルを補う事が大切。味噌汁は、アルコール分解によって失われた水分と塩分の両方を摂取でき、大豆のたんぱく質が肝機能を活性化してくれるシメに最適な食べ物。飲んだ直後や翌朝に飲んでも良い。

お酒の飲みすぎは大腸がんの原因にも 卵の成分にアルコールによるがん予防効果あり

二日酔いを防ぐポイント

  • 食材で胃と肝臓の働きを助ける
  • 飲む前のカレーパン
  • アルコール度数が高いお酒は人肌程度のぬる燗やお湯割りに

スポンサーリンク


関連記事

2015年12月23日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像