タコとゴルフボールで冬バテ解消?!冬太り・睡眠障害・免疫力低下などの症状が起こる冬バテに良い食べ物&マッサージ

夏バテや秋バテと同じように自律神経の乱れによって、冬太り・睡眠障害(寝つき、寝起きが悪い)・長引く風邪などの症状が起こる冬バテ

フジテレビ「バイキング」が出演者の自律神経を測定し冬バテの危険度をチェックした。他の出演者は自律神経のバランスが比較的整っていて冬バテの危険度は低かったが、坂上忍だけは交感神経が強すぎる自律神経が乱れた状態で冬バテの危険度が高かった。

自律神経の主な働きには、血管の伸び縮みの調整や体温の調節がある。今の寒い時期には寒さから身を守るため、体内では血管を縮める事によって熱を作り出そうとする働きが起こる。この働きをするのが交感神経。

交感神経が優位になりすぎると血管が細くなりすぎてしまい、心臓や脳にダメージを与える可能性があるため、冬に心筋梗塞や脳卒中で亡くなる人が多いのは冬バテが原因の一つといわれている。

冬バテ症状の対策

睡眠障害

寝る1時間前に40度程度のぬるめのお湯に15分入浴すると、副交感神経が優位になり寝つきが改善されてくる。体温が下がり始める入浴1時間後のタイミングで寝るとかなり寝つきがよくなるため睡眠障害改善に繋がる。

42℃以上の熱いお風呂は交感神経優位にするといわれている。坂上忍は42℃以上の熱いお風呂に1日4回も入っているのが交感神経が強すぎる原因の一つと考えられそう。

長引く風邪

冬バテの症状の一つに免疫力の低下がある。いろいろな行事が重なる忙しくてストレスが溜まり易い時期は、交感神経が優位になりすぎて免疫力が低下してしまう。

タコに免疫力アップ効果&自律神経を整える効果

バイキングに出演していた先生によると、弱った免疫力をアップさせるのにはタコが効果的で、自律神経を整える効果もあると言っていた。交感神経優位な人にも副交感神経優位な人にも自律神経のバランスを整える効果があるという。

効果を高める食べ合わせ

鉄分がタコの免疫力をアップさせる成分の吸収を助けるため、アサリなどの鉄分が多い食べ物と一緒に食べると効果的。

坂上忍の自律神経バランスが改善 副交感神経を優位にするゴルフボールマッサージ

taki5

ゴルフボールを痛気持ち良い程度に30秒間足の裏でコロコロする。バイキングが一般の主婦3人にゴルフボールマッサージをやってもたったところ、全員に副交感神経を高めるリラックス効果があった。

交感神経がかなり高かった坂上忍が、番組内でタコを食べてゴルフボールマッサージをしたあとに自律神経のバランスを調べたところ、大きくバランスが改善されていた。

.最悪の場合突然死の危険 坂上忍がやっていた最悪の生活習慣

スポンサーリンク


関連記事

2016年1月12日 | カテゴリー:健康 睡眠

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像