池谷血管若返りメソッドで紫吹淳とばぁやの血管が大きく若返る

テレビ番組の金スマにタレントの紫吹淳とマネージャーのばぁやが出演し、血管に関する本を数多く出版している血管の名医・池谷医師の血管若返りメソッドを3日間実践した。

池谷医師によると血管を若返らせるとスムーズに血がスムーズに流れるようになり、その結果全身に栄養や酸素が行き渡り健康になれるという。

池谷敏郎(54)

    東京あきる野市・池谷医院院長
    自ら血管若返りメソッドを実践し血管年齢を15歳以上若く保っている
    「老けない血管になる腸内フローラの育て方」が近日発売予定

池谷血管若返りメソッド

メソッド①ゾンビ体操

①腕から指先まで力を抜いてぶらんとたらした状態で、かかとを少し上げてつま先だけで小刻みに足踏みし、手足をぶらぶら揺らす。この動きを1分間行う。

②その場でゆっくり足踏みを30秒行う。

目安は3セット。

血管を若返らせるには閉じて硬くなっている血管を開かせる事が大切。ゾンビ体操は全身の血管を開く働きをする一酸化窒素(NO)という物質の分泌を促し血管若返り効果が期待できる。

メソッド②池谷式朝ジュース

  • ニンジン:半分
  • リンゴ:半分
  • レモン:1/3個
  • ショウガ:5g
  • 水:50cc
  • 氷:2個

①材料を全てミキサーにかけたら完成
②飲む直前にアマニ油小さじ1を入れる(エゴマ油でもOK)

この野菜ジュースを朝食の代わりに飲む。

メソッド③なんちゃって糖質制限(ご飯・麺・パン・芋・フルーツをいつもの半分にする)

過剰に糖分を摂りすぎると余った糖分が血管を傷つける物質に変化する。これを防ぐには摂取する糖質を抑えることが効果的。

実践したばぁやは、買って来た弁当に入っているご飯・麺・パン・芋・フルーツを半分取り除いてから食べていた。

野菜ジュースの代わりに「玉ねぎとチーズの味噌汁」でもOK

ti-zutamanegimisosiru

他の番組では朝ジュースの部分だけ「玉ねぎとチーズの味噌汁」になっていたが、実践した一般女性の方は3日間で6歳若返っていた。

通常の量の味噌を使った味噌汁とチーズを摂ると塩分の摂りすぎになってしまうため普通より味噌を少なめにして作る。薄味でもチーズを入れた分コクが深まるため満足感がある。(入れるチーズはゴーダチーズ)

チーズと味噌に含まれるLTPはACEと呼ばれる血管を収縮させる酵素の働きを抑える効果があり、高血圧や動脈硬化予防に良い。玉ねぎに含まれるケルセチンは血液の流れを悪くする活性酸素を撃退する力があり血流を良くしてくれる。

3日間実践した結果28歳も若返り

紫吹淳(47)

冷え性の紫吹は、池谷医師の診断では血管の壁自体が硬くなっているわけではなく、血管が縮んで引き締まり硬くなっている状態だった。

3日間メソッドを実践した結果、血管年齢56歳から28歳若返り、冷え性も改善された。

ばぁや(53)

ばぁやは血管年齢が実年齢+10歳で動脈硬化の疑いがある状態だったが、メソッドを3日間実践した結果、血管年齢63歳から14歳若返った。

升田アナウンサー(49)

血管年齢35歳から20歳以下に若返り。

金スマメンバーの血管年齢と生活習慣

  • ベック(24)の血管年齢=37歳
  • ・立ち作業が多い、辛いものが嫌い、寝不足気味

  • 大竹しのぶ(58)の血管年齢=48歳
  • ・舞台で体を動かす事が多い、肉が好き

  • 中居正広(43)の血管年齢=33歳
  • ・よく踊る、から揚げとカレーが好き

  • 室井佑月(46)の血管年齢=57歳
  • 假屋崎省吾(57)の血管年齢=54歳
  • 安住紳一郎(42)の血管年齢=31歳
  • ・ロケでの食事が多い、運動はしていない

関連:ばぁやが実践したレギンス&甘酒ダイエット

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事


2016年6月4日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像