IKKOがやっていた正しい健康法と間違っていた健康法

テレビ番組ソレダメでIKKKOが独自に実践している健康法が間違っていないかを医師や管理栄養士が診断した。

毎朝 水でうがいしてから緑茶でうがいする

この健康法は間違ってるわけではないが、歯に色が付いてしまうためソレダメと判定された。歯に色が付くのを防ぐには順番を逆にすると良いという。

歯を1日に20回磨く

1日に20回は磨きすぎ。磨きすぎは知覚過敏の原因になりやすく、歯茎も痩せやすくなってしまう。毎食後の1日3回か、昼間は唾液の分泌が多いため1日2回でも十分と指摘された。

歯磨き後に青汁・酵素・霊芝が入った酢を飲む

  • 冷凍青汁
  • 酵素小さじ半分
  • →活性酸素除去のため

  • 霊芝(れいし)が入った酢
  • →きのこの一種で様々な目的に用いられる
    →朝はかなり薄めで飲んでいる

青汁に使われる葉物野菜は体を冷やしてしまうため朝ではなく暖かい時間に摂ると良い指摘された。それ以外は問題ないようだった。

野菜中心の朝食

野菜中心のメニューで動物性たんぱく質を摂れていない点を指摘された。動物性たんぱく質が不足すると筋肉量が減り、基礎代謝が低下するため太りやすい体質になってしまう。

そのためタンパク質が豊富な卵料理を加えることを薦められた。

週に3回コルギと高濃度ビタミンCの点滴

IKKO-kenkouhou

コルギは小顔矯正として広まった韓国の美容法。IKKOは老廃物を流し、肩こりやむくみの解消のために週3回受けているという。

高濃度ビタミンCの点滴は活性酸素除去のため。

医師達からはどちらも特に指摘されなかったため問題無いようだった。

炭水化物を重さで判断

IKKOは1食で摂る炭水化物の量を70gと決めて、1食で70gのおにぎりを食べるようにしているが、お米の重さと炭水化物の量は同じではないと指摘された。

IKKOが食べていた十六穀米のおにぎり70gに含まれる糖質は25g。1食で炭水化物25gは明らかに少なすぎるという。

ソレマルだった健康法&美容法

  • 椅子の代わりにバランスボールに座る
  • →腹筋や背筋が鍛えられて良い

  • 空き時間にスクワット
  • 仰向けでパックをする
  • →寝た状態だと成分が肌に染み込みやすいため

  • お風呂は38度から42度に追い炊き
  • →しばらく38度で体を慣らしてから42度にする

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

2016年4月14日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像