作り方は簡単!肝臓がんに良い飲み物は水出しコーヒー

mc1

がん予防に良い飲み物や食べ物。

 肝臓がんの予防に良い飲み物は水出しコーヒー 

  • コーヒーのクロロゲン酸が肝臓がんの予防にいい
  • ホットよりも水出しのほうがクロロゲン酸が多く出る

コーヒーに含まれるポリフェノールの一種クロロゲン酸は効酸化作用があり肝臓がんの予防に良い飲み物といわれています。

スポンサーリンク

なぜ水出しコーヒー?

クロロゲン酸はホットコーヒーにも含まれますが、クロロゲン酸はお湯で早く抽出するとたくさん抽出されず豆に残ってしまいます。

クロロゲン酸は長い時間をかけたほうがたくさん抽出され、ポリフェノールなので熱にも弱いため水出しがベスト。

お店では専用の機械で約10時間かけて水で抽出してるのですが、家庭でもコーヒー豆を入れたお茶パックを1リットルの水に入れて、一晩冷蔵庫でおいて置くだけでできます。

酸味が少なくコクがありおいしいです。

水出しコーヒーの作り方

mc3

①お茶パックに挽いたコーヒー豆を60g~70g詰める

mc4

②1ℓの軟水で一晩冷蔵庫で抽出する

mc2

 がんにいい食べ物の選び方 

色の濃い野菜ががんになりにくい

色の濃い野菜と葉物野菜でどっちにしようか迷った時は、色の濃い野菜のほうが抗酸化力が強いのでよりがんの予防効果が期待できます。葉物野菜は便秘の予防や腸内環境を整えるのに効果的です。

色が濃い野菜は優れた抗酸化作用を持つ野菜が多く、がんの原因になる活性酸素を抑える働きがあります。一色だけでなく様々な色の野菜を同時に摂るようにすると効果的です。

サケとマグロ がんの予防効果が高いのは?

サケに含まれるマグロには無い色素”アスタキサンチン”は、非常に強い抗酸化作用がありがんの予防効果が期待できます。マグロは脳血管の老化防止や心筋梗塞の予防に効果的です。

 抗酸化作用を高める食べ方 

オリーブオイルと一緒に食べる

リコピンやアスタキサンチンなどの物質は、油と相性が良いので一緒に摂ることで吸収率を高めることができます。

スポンサーリンク


関連記事


2015年7月8日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像