島倉千代子さんを襲った肝臓がん 毎日野菜ジュース飲んでたのになんでや・・・

kanzou
1日3回野菜ジュースを飲んでいて、自分の曲で体力づくり、お酒も飲めなかったという島倉千代子さんが何故肝臓がんになってしまったのでしょうか。

スポンサーリンク

なぜ肝臓がんになる?

肝臓がんになるには平均30年くらいかかり、最初に肝炎、次に肝硬変、そして最後に肝臓がんになる。

多量の飲酒は?

毎日5合以上飲むとほとんどの人がアルコール性の肝硬変、肝臓がんになる。
毎日3合程度だと体質によってはならない人もいる。
3合程度で休んでいる人、休肝日を設けている人はならない人もいる。

主な症状

ステージI ほとんど自覚症状なし
ステージII 食欲不振、腹部の張り、倦怠感
ステージIII 腹水がたまる、黄疸
ステージIV みぞおちのしこり 右肩甲骨痛 背中通 腰痛 体重減少 貧血

肝臓がんになる最大の原因

1位 C型肝炎ウイルス:73.1%
2位 B型肝炎ウイルス:14.1%
3位 その他(アルコールなど):12.8%
・・・アルコールは全体の6%

肝炎ウイルス 考えられる感染経路

・肝炎ウイルスが含まれる血液の輸血
・覚せい剤の回し打ちなど注射器の再利用
・肝炎ウイルスが含まれる血液や体液に触れる
・適切な消毒無しの器具を使用した刺青やピアスの穴あけ
・血液付着の可能性がある歯ブラシ、カミソリなどの共有
・適切な予防措置を講じなかった出産時の母子感染

肝臓がんの予防法

・ウイルスの感染を防ぐ
・肥満、飲酒、喫煙
・ストレスを溜めない
・定期的に検査を受ける

ウイルスを持っていると少しの飲酒でも危険。ウイルスが消えてしばらく経ったら大丈夫。
ウイルスを持ってなければ、3合くらいの飲酒で週に何日か休肝日を設ければだいたい大丈夫。

女性は脂肪肝にも注意

脂肪肝は肝臓がんだけでなく、糖尿病や動脈硬化など様々な病気のもとに。
脂肪肝がベースの病気は進行が早い。
過度なダイエットは、脂肪を過度に落としてしまうと肝臓が脂肪を溜めようとする力が強くなるため脂肪肝になりやすくなってしまう。
適度な運動が大事で、運動をしていると脂肪肝だけでなく肝硬変になっても早期の場合だとがんになりにくい。筋肉が痩せてくると肝硬変が進みやすい。

島倉千代子さんは「1993年に患った乳がんの再発を抑制するための薬が副作用として脂肪肝を起こすことがあり、それが肝臓がんを助長する可能性がある」とのこと。

現在は肝臓がんは早期発見すれば治る病気になってきているので定期的に検査をしておくことが大事。

スポンサーリンク


関連記事


2013年11月15日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像