目のクマの原因は眼の周りの筋肉の衰え 解消には眼輪筋を鍛える体操

眼の周りの筋肉”眼輪筋”が衰えているとくまができる

眼の周りには筋肉があり、この筋肉が衰えると眼の周りの血行が悪くなり、血液の色が黒くなります。目の下の皮膚はかなり薄いので黒くなった血液が透けて見えるのです。

眼輪筋が衰えると筋肉がたるんで目の下に膨らみができます。そのふくらみの下に影ができるのでより黒く見えてしまうのです。

眼輪筋が衰える原因

加齢も原因の一つですが、読書やネットのやりすぎも原因といわれています。眼輪筋はまばたきなど眼を閉じる時に使う筋肉なので、目を開きっぱなしの時間が長いと眼輪筋が衰えてクマができてしまうのです。

目輪筋を鍛えて目のクマを解消する体操

①目尻を指で押さえて上に引っ張る
②引っ張ったまま目をギューっと5秒閉じてパッと開くを5回繰り返す

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

2016年5月23日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像