女性の尿漏れ対策にはシナモンと骨盤底筋を鍛える体操

年間1万4000人もの尿漏れに悩む人達を薬も手術もせずに尿漏れを改善させている名医がいます。関口由紀先生は自身も出産後に腹部まで湿るほどの尿漏れに悩まされていたのですが、シナモンとペットボトルを使った体操で尿漏れ対策を行ったところ改善できたそうなのです。

尿漏れ対策にはシナモンが良い

1日小さじ1杯のシナモン

尿漏れの最大の原因は骨盤底筋のゆるみ。

骨盤底筋のゆるみには女性ホルモンが関係しています。シナモンは加齢と共に減少する女性ホルモン・エストロゲンの不足を補ってくれるため、尿漏れの予防改善に役立ちます。

1日の目安は小さじ1杯で、関口先生はコーヒーに入れて飲んでいるそうです。

スポンサーリンク

尿漏れを予防改善・ペットボトルを使った骨盤底筋を鍛える体操

水が入ったペットボトルを内股にはさみ、押し潰すように両足に力を入れ5秒キープする。おならやおしっこを我慢するように、肛門と尿道に力を入れながら行う。歯磨き中に行っても効果が高まります。

内ももの筋肉「内転筋」と骨盤底筋は繋がっていて、内転筋を鍛えると骨盤底筋も刺激を受け強化されるため、尿漏れの予防改善効果が期待できる体操です。

この体操を症状が無い人が予防のために行うには1日5~6回、症状がある人は1日10回~20回を行うと、2ヶ月で尿漏れが改善されてくるそうです。

※体調に合わせて無理の無い範囲で行いましょう

骨盤底筋や内転筋が弱い人は

骨盤底筋や内転筋が弱い人は、水を減らしたり、500mlのペットボトルにしたり、空のペットボトルで行っても効果があるそうです。

尿漏れチェック(骨盤底筋の弱さ)

  • 座った時に足が開く
  • デスクワークが多い
  • 猫背
  • おしっこのキレが悪い
  • 冷え性
  • 肥満体型

4個以上当てはまると尿漏れ予備軍。

座った時に足が開く

座った時に太ももの間に拳が入るくらい開く場合は骨盤底筋が緩んでいる現れ。

猫背

姿勢が悪いと骨盤が傾き、腹圧が骨盤底筋に直接かかり漏れやすくなる。

デスクワーク

座っていると常に腹圧がかかっている。長時間座っていると骨盤がゆがむ原因に。

男性でも尿漏れになる

肥満体型の人はなりやすい

男性は骨盤底筋がしっかりしているため腹圧性尿失禁にはなりにくいが、メタボだと動脈硬化によって膀胱の血の巡りが悪くなる事で、尿意が強いのに出る尿が少ない切迫性尿失禁になりやすくなる。

頻尿は尿漏れの第一歩

頻尿と尿漏れの関係

尿漏れ経験者の多くは、尿漏れが起きる前に頻尿に悩まされていたといいます。トイレに行く回数が増えると、膀胱の知覚過敏が起こる可能性があるためです。

頻尿はちょっとおしっこが溜まるだけで、すぐトイレに行きたくなってしまいます。少し我慢してから行く習慣をつけるのが大切です。

頻尿に効果的な食べ物

①銀杏
頻尿・尿漏れを改善。

②山芋
山芋に含まれるマグネシウムには、胃腸や腎臓、筋肉の収縮を整える働きがあり、排尿を調節する筋肉、尿道括約筋を引き締め、頻尿を防ぐ効果が期待できる。1日60グラム程度の山芋を食べれば、夜のトイレ回数が減るという。

③柿の葉茶
漢方では腎臓や尿路の炎症を抑え頻尿や尿漏れを治してくれるといわれている。

便秘が尿漏れの原因に

いきむと骨盤底筋が傷む

尿漏れ経験者は尿漏れが起きる前から長期間便秘に悩まされいた人が多いといいます。いきむと骨盤底筋が傷むためです。腸に便が長期間入った状態も膀胱を刺激する原因です。

スポンサーリンク


関連記事

2015年9月13日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像