緑茶3杯で赤ワイン2ℓ分の効果、日本が世界一長寿なワケ

和食と長寿の関係について研究している都築毅准教授が、体に良い赤ワインをよく飲んでいるフランス人(世界平均寿命9位)や、ヨーグルトをよく食べているブルガリア人(世界平均寿命80位)より長寿な理由を語った。

都築毅

    東北大学大学院 農学研究科 准教授
    2013年に安藤百福賞・発明発見奨励賞を受賞

和食にはワインやヨーグルトの代わりになるものがある

緑茶がワインの代わりに

  • 日本食には赤ワインやヨーグルトに代わる体に良い食材がたくさんあり、長寿に必要な要素が数多く含まれている
  • 赤ワインのポリフェノールであるレスベラトロールに遜色ない効果を持つのが緑茶のポリフェノールであるカテキン
  • 緑茶に含まれるカテキンの量は、同量の赤ワインの同様の効果を持つ赤ワインのポリフェノールと比べた場合、約100倍もある

赤ワインではポリフェノールの効果を得ようとした場合2ℓ飲む必要があるが、緑茶なら毎食後の1杯で十分カテキンの効果が得られるという。

味噌や醤油などの発酵食品がヨーグルトの代わりに

  • 味噌や醤油などの発酵食品はヨーグルトの乳酸菌に近い効果がある
  • 味噌・醤油・漬物の乳酸菌は植物性の乳酸菌でヨーグルトよりも腸に届きやすい

和食には乳酸菌以外にも体に良い菌がたくさん。血液をサラサラにする効果がある納豆菌、ストレス緩和効果がある酢の酢酸菌、高血圧予防効果がある味噌の麹菌など。都築准教授によると、和食を食べれば海外の真似をする必要はないそうです。

出典:フルタチさん

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

2017年1月9日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像