【名医のがん予防法】「肉を食べる」「納豆チーズ」「歯磨き」

大腸内視鏡手術の名医・工藤進英医師が実践するがん予防法

    工藤進英・・・69歳。昭和大学横浜市北部病院・消化器センター長。大腸内視鏡の手術症例20万件以上

肉を食べる

sute-ki-niku

総コレステロールの正常値は140~199だが、厚生労働省はコレステロールが正常値をオーバーした240から260くらいの人のほうが、長生きでがんの発症率が低いと発表している。

そのため工藤医師は最低でも週3日は肉を食べるようにしているという。

予防医学の権威・細井孝之医師が実践するがん予防法

    細井孝之・・・健康院クリニック院長。予防医学の権威。骨粗鬆症を専門とし、がんと骨の関係を研究している。

納豆チーズ

nattou-chi-zu

細井医師が実践しているがん予防法は納豆にカッテージチーズを入れた納豆チーズ。免疫細胞の約70%は腸に集まっているため、発酵食品を摂り腸内環境を整える事ががんの予防に繋がると考え、納豆を毎日食べているという。

納豆もチーズも発酵してできたもの。細井医師は2種類の発酵食品が重なる事で腸内細菌をサポートする力が3倍4倍に高まると予想している。

歯科医・小林瑠美医師が実践するがん予防法

    小林瑠美・・・ルカデンタルクリニック院長。

歯磨きをしっかりする

haguki

歯周病菌が肺・胃・すい臓にも入り込んでがんを引き起こすことがわかっている。炎症を起こした歯茎の傷口に入り込んだ歯周病菌は、血液にのって全身をめぐり、毒素をだして臓器を攻撃する。

特に肺・すい臓・腎臓がんの発症リスクが上昇したという研究報告もあるため、小林医師はがん予防のために1日3回しっかり歯磨きをしているという。特に寝る前は5分以上磨いている。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事


2016年4月16日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像