簡単に免疫力を上げる方法 食後に横になる&腹式呼吸でリンパの流れが良くなって病気になりにくい身体に

毎年インフルエンザになったり病気になりやすい人と病気になりにくい人の違いは、侵入してきたウイルスや細菌を撃退する免疫細胞の強さ(免疫力)にある。

がんなどの病気も防いでいる免疫力は、免疫細胞が休んでしまう事によって低下してしまうが、リンパ液の流れを良くすると、休んだり眠っていた免疫細胞(NK細胞)が目覚めて活発に働き出し、免疫力が上がる事がわかってきた(信州大学・大橋俊夫名誉教授の研究)

免疫細胞はリンパ節と呼ばれる部分で待機し、定期的にパトロールに出動してウイルスなどの異物を排除してくれている。リンパ液の中に含まれるタンパク質が免疫細胞を刺激して出動させているが、リンパの流れが悪くなると流れ込むタンパク質の量が減るため、免疫細胞がサボりがちになりパトロールに出てくれなくなってしまう。

食事の2時間後に20分間横になるとリンパの流れが良くなり免疫力アップ

長時間立った状態や座った状態が続くと、リンパ液が重力の影響で下半身にたまり流れが滞る。横になると脚に溜まったリンパ液がスムーズに流れ始め、休んでいる免疫細胞を目覚めさせてくれると考えられている。

横になりながら腹式呼吸もすると効果がアップ

ヘソの上あたりには乳び槽と呼ばれるリンパ液のタンクのようなものがあり、この場所はリンパ液が溜まると膨らむため、膨らんだ時に腹式呼吸をすると圧力が加わり、溜まったリンパ液が一気に流れる。

腸は異物が侵入しやすいため、免疫細胞の中でも強力な免疫細胞が集まっている。乳び槽は足や腸からのリンパ液をためる場所。腹式呼吸をする事で、リンパ液と共に強力な免疫細胞を全身へ流す事ができる。

食後にやる事が重要

食事の2~3時間後、特に脂肪分を摂った後は腸からのリンパ液が大量に乳び槽に流れ込む。昼食後でも夕食後でも良いので、食事の2時間後に横になって腹式呼吸すると、腸の強力な免疫細胞を全身へ流す事ができ、免疫力がアップする。

腹式呼吸のやり方

  • 1回、約20秒かけて呼吸する

①仰向けの状態で手をおヘソのあたりに置き、お腹がへこんだり膨らんだりするのをしっかり確認しながら呼吸する
②お腹が膨らむのを確認しながら鼻からゆっくり息を吸う
③お腹がへこむのを確認しながら口からゆっくり息を吐く

お風呂で免疫細胞を鍛える

免疫細胞に適度なストレスを与えて活性化

免疫細胞に限らず、人間の細胞は適度な負荷やストレスが与えられると、活動量が増えるなどの反応が起き、活性化することがある。

免疫細胞は温度に非常に敏感。体温が1度上がるだけでストレスを受け、活性化することが知られている。

体温を1度上げる入浴法

  • 41度のお湯に肩まで浸かり15分間温まる
  • 体温が一度上がったかどうかの目安は額に汗がにじむ事

※無理をせず体調に合わせて行ってください

関連
リンパの流れを良くするマッサージのやり方
免疫力アップさせる卵かけご飯&体温を上げるオリーブオイル入り鮭の味噌汁が冬の朝食に最適
【壁トレ】免疫力低下を招く筋肉不足改善トレーニング 筋肉をつけて免疫力を高め病気に負けない体に【椅子トレ】
【美肌】野菜くずスープで肌若返り、免疫力アップ
キクラゲは免疫力を上げ寿命を延ばす食べ物だった

スポンサーリンク


関連記事


2016年2月17日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像