今年(2015年)のお月見の日・中秋の名月はいつ?ススキやお団子の供え方

tuki1

中秋の名月の中秋とは秋の真ん中で旧暦の8月15日の事。新暦では毎年日付が異なり、去年(2014年)は9月8日でしたが今年(2015年)は9月27日になります。

お月見を秋にする意味

お月見を秋にやる理由は、秋の月が一番お月見に適しているから。春は朧月夜というように、春風に煽られた塵や黄砂で月がかすむ事が多くあります。夏の満月は月の位置が低くくて建物などで月全体が見にくく、冬の満月の位置は高すぎるのでお酒を飲んだりしながら鑑賞するのには適しませんでした。

他の季節と違い秋の満月は高度がちょうど良く、湿度も下がるため月の透明度も高くとても綺麗に見れるのです。しかも2015年の中秋の名月は月がより明るく大きく見えるスーパームーンと重なり見ごたえ満点です。

スポンサーリンク

中秋の名月の由来

中秋の名月は中国のお祭り「中秋節」が起源。中国ではお菓子を食べながら家族でお月見をして家庭円満を願いました。その後日本にも平安時代に中秋の名月が伝わり貴族の間で流行しました。貴族はプライドが高く見上げる事を嫌っていたため、お月見も月を見上げずに水面に写った月だけを見ていました。

江戸時代になり、庶民が貴族の真似をしてお月見をはじめた時期がちょうど秋の収穫と重なる事から、中秋の名月は神様へ豊作の感謝をする行事として広まっていきました。

ススキとお月見団子を飾る理由

そこで欠かせない物となったのが「ススキ」と「お月見団子」。ススキはその土地に住む神様に来てもらうための目印として飾り、神様の食べ物としてお月見団子が供えられるようになりました。

お月見に良いとされるお月見団子の大きさと形

お月見団子はただ丸くすればいいわけではありません。お供えに良いとされる大きさが決まっています。

大きさは直径約4.5cm

4.5cmは単位を変えると一寸五分になり、十五夜にちなんだ数字で縁起が良いとされています。

まん丸ではなくて少し潰す

ピンポン玉のようにまん丸にしてしまうと、亡くなった人の枕元に供える枕団子に通じてしまうので、作った時に手で心を込めて押さえて少し潰すと良いとされています。

お月見団子の積み方・供え方

お月見団子の数も十五夜にちなんで十五個が良いとされていますが、積み方にもポイントがあります。

お月見団子の積み方

一番下から9個、4個、2個と積みます。お供えするときは白い皿でも良く、できれば白い紙を敷いて供えるとより良いといわれています。

ススキの飾り方

ススキはお月様をしっかり意識して飾る必要があります。

お月様から見える場所に飾る

部屋の中に飾っても意味が無く、縁側や窓際、ベランダなどお月様から見える場所にテーブルを置きお供え物を並べます。

左側に格の高いものを置くという考え方があり、人工の物より自然の物のほうが上位で格が高いと考えられているため、お月様から見て左側に自然のものであるススキを置きます。

スポンサーリンク


関連記事

2015年9月14日 | カテゴリー:生活

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像