もやもや血管治療のスーパードクター奥野祐次さんの病院

もやもや血管とは慢性痛の原因の一つで患部に発生したごく細い新生血管のこと。カテーテル治療専門医の奥野祐次さんは運動器カテーテル治療という方法でもやもや血管を治します。

奥野祐次さんの病院

オクノメディカルクリニック(神奈川県横浜市)
http://www.itami-torou.com/clinic/

運動器カテーテル治療

血管が新しく作られると神経線維も血管に沿って伸びていくように増殖。炎症細胞を呼び込む性質があるもやもや血管が神経線維を刺激し、それが痛みの原因になる。

運動器カテーテル治療は関節などに増えてしまった余計な血管を減らして痛みの原因となる神経線維を減らす治療法。
治療ではカテーテルを使い痛みの発生部位に薬(血管に一時的に詰まってくれる粒子)を入れる。細かな粒子が血管を詰まらせることで機能をストップさせもやもや血管を消滅させる。血管を減らすことで痛みの原因となる神経線維も減っていく。

服を着るのも大変、痛くて寝られない、痛くて肩を思うように動かせないというような酷い肩の痛みで実際に治療を受けた人は、1時間の治療でかなり楽になったという。

保険適用外のため費用は27万円から。

奥野さんは整形外科で治らなかった痛みの9割以上はもやもや血管が原因、整形外科で診てもらっても痛みが変わらない場合は血管を疑ってみるのも重要だと言っています。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

2017年8月1日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像