9割超が無症状 新田恵利さんがなった脳動脈瘤 血圧が高い場合は特に注意

新田恵利

    現在48歳。1980年代にアイドルグループ「おニャン子クラブ」で中心的なメンバーとして活躍。
    3年前にテレビ番組で受けた脳ドッグで脳動脈瘤が見つかっていたが2mm程度と小さかったため経過観察していた。先月の検査で倍程度まで大きくなっていたため手術した。

脳動脈瘤とは

脳動脈瘤は脳内の血管の一部が膨れて瘤ができる病気。成人の約20人に1人がこの瘤を持っているとされ、40代以上は破裂しやすくなってくるといわれています。破裂するとくも膜下出血となり死亡する可能性があります。

脳動脈瘤手術のリスク

新田恵利さんは後遺症が残らなかったようですが、手術後何らかの後遺症を持つ方が5%、1%は亡くなる場合もあるといわれています。

9割の人は症状に気付かない

脳動脈瘤ができていたとしてもほとんど自覚症状が無いため9割の人は気付かず、脳ドックを受けなければ見つける事は難しいため、新田さんは「一度でいいから脳ドックを受けて欲ほしい」と訴えています。

スポンサーリンク

目の後ろに脳動脈瘤ができていた場合に現れる症状

物がかすんだり二重に見えたりする

両目とも片目で見るとはっきり見えるのに、両目で見ると二重に見える場合は、目の後ろに脳動脈瘤ができ脳に違う映像が映し出されている可能性がある。

参考:物が二重に見える・黒目(瞳孔)の大きさが違うのはくも膜下出血のサインかも

脳動脈瘤早期発見チェックリスト

  • 年齢が50歳以上
  • 血圧が高い
  • 両親や兄弟に脳動脈瘤やくも膜下出血になった人がいる
  • 高脂血症である
  • タバコを吸っている
  • お酒をよく飲む
  • 頭痛持ち
  • めまいがすることが多い
  • 運動不足である
  • 10年以内に脳のMRI検査を受けていない

5つ以上当てはまると脳動脈瘤になるリスクが高いため病院で検査を。血圧が高い場合や両親や兄弟に脳動脈瘤やくも膜下出血になった人がいる場合は特に注意が必要です。

脳動脈瘤が見つかった有名人

伊藤かずえ

健康番組で検査を受けたところ3mmの脳動脈瘤が見つかったが、まだ手術の必要はないと診断されていた。
タバコは吸わず血圧も正常だが多量の飲酒も原因に。お酒を毎日飲み、多いときは10時間以上飲み続けることがある点を医師に指摘されていた。

関連:背中の痛み、大量の汗、阿藤快さんを襲った大動脈瘤破裂の前兆症状とは 原因になる動脈硬化は冬に悪化しやすく注意が必要

スポンサーリンク


関連記事

2016年6月24日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像