鼻づまりが酷く点鼻薬を長期間使い続けている、頻繁に鼻血が出る、1年中鼻炎、布施博・城之内早苗・中村昌也が悩んでいた鼻のトラブルの原因と対処法

駆け込みドクターの生診断SPで鼻に不調を抱えるタレントを専門医が生診断。布施博・城之内早苗・中村昌也が長い間悩んでいた鼻づまりや鼻血の原因が明らかになった。

布施博が悩まされていた症状と原因

  • 鼻づまりが頻繁に起こる
  • 副鼻腔炎になった事がある
  • お酒を飲んだ時に鼻づまりする
  • 点鼻薬が欠かせず、使ってもつまっている
  • 点鼻薬を長期間(30年)使い続けている

薬剤性鼻炎

30年間鼻づまりに悩まされていた布施博は、薬剤の使いすぎが原因で鼻づまりが起こる薬剤性鼻炎と診断された。鼻の粘膜を収縮させるタイプの点鼻薬を使いすぎると鼻の状態を悪化させることがあるため、このタイプの点鼻薬の使用は極力避けるようにと注意された。

スポンサーリンク

中村昌也が悩まされていた症状と原因

  • 1年中鼻炎
  • 鼻水がひどく寝るときもティッシュを鼻に詰める
  • 過去にアレルギー性鼻炎と診断
  • →蛾、エビ、ヒノキなど11種類のアレルギー

鼻を検査した結果、鼻の粘膜が腫れ、鼻水も多い状態でアレルギー性鼻炎と診断された。さらに喉の検査もした結果、後鼻漏と呼ばれる状態になっていることがわかった。

後鼻漏とは、ネバネバしていて喉に溜まり易いアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎患者の鼻水が喉の奥に溜まり、これが原因で咳やたん、息苦しさ、喉の異物感、口臭などの症状が現れる。

後鼻漏を治すためにも根本的な原因であるアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の治療を勧められ、鼻にティッシュを詰める行為も後鼻漏を悪化させる可能性があるためあまり良くないと指摘された。

城之内早苗が悩まされていた症状と原因

  • 頻繁に鼻血が出る
  • 3ヶ月で3回も鼻血
  • 就寝中や番組の収録中に出る事も

ドライノーズ

城之内早苗が悩まされていた鼻血が頻繁に出る症状はドライノーズによるものと診断された。

今の時期は空気が乾燥して埃っぽくなることや、花粉の影響で知らない間に鼻の中に傷ができ、ドライノーズになりやすい。ドライノーズは鼻の粘膜が乾燥して炎症が起きた状態。ヒリヒリした痛み、鼻づまり、鼻血などの症状が出る。

鼻の粘膜はウイルスや病原菌の侵入を防いでいるが、乾燥して炎症を起こすと侵入を防げなくなり、風邪やインフルエンザなどに感染しやすくなる。

ドライノーズ予防&改善法

ドライノーズの予防改善にはとにかく乾燥を防ぐこと。部屋の湿度を40%~60%に保ったり、湿ったガーゼを入れたマスクを使用する事を勧められた。

スポンサーリンク


関連記事

2016年2月21日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像