沖縄スーパーフードもずくの健康パワー 動脈硬化、がん抑制効果など

スーパーフードは栄養価が著しく高く健康に役立つ食材のこと。スーパーフードは海外のものが注目されることが多いですが、沖縄の伝統的な食材にも栄養価が高いスーパーフードと呼ぶにふさわしい食材がたくさんあったのです。

そんな沖縄の伝統的な食材であるもずくに動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞などの予防効果があることがわかり、スーパーフードとして再注目されています。

もずくに含まれるフコイダンの健康効果

  • 糖分が体内に吸収されるスピード遅くして血糖値の急上昇を抑える
  • 血中コレステロール値を下げる
  • がん抑制効果

沖縄では当たり前のように毎日食べられているもずくは昔から体調をよくする効果が知られていましたが、もずくに含まれているフコイダンという成分に動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞・がんなどの予防効果があることがわかり再注目されています。

フコイダンのほかにもミネラル成分や、認知症などの予防に良いといわれる葉酸も多く含まれているまさに沖縄のスーパーフードです。

沖縄の人達のもずくの食べ方

mozukudon

  • 挽肉と野菜といっしょに炒めてもずく丼に
  • →給食でも大人気のメニュー

  • 乾燥もずくを味噌汁に入れて
  • そうめんの代わりとしてもずくをめんつゆで食べる
  • カップラーメンに乗せて

【その他の沖縄スーパーフード】
沖縄のダイエット食材「発酵さとうきびバガス」 食物繊維がレタスの49倍&認知症予防効果も

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事


2016年8月4日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像