タオルでは治らない茶クマ、黒クマを消すにはビタミンC誘導体や頭皮マッサージ

目元は人から見られやすい部分なので目の下のクマは老けて見られる原因の一つといわれています。目の下のクマの解消法として効果的といわれているのは、温めたタオルと冷たいタオルを交互に目の周りに当てる方法ですが、クマには3種類あり、それぞれ対策が異なるためそれだけでは治らないクマもあるのです。

青クマの改善法

aokuma

睡眠不足などからくる目の疲れが原因でできるのがこのタイプ。目の下が血行不良になってうっ血し、青白く血管が浮き出る事から青クマと呼ばれています。

青クマは血行を良くするケアが有効

①目の周りに温かいタオルを1分乗せ、次に冷たいタオルを1分乗せる
②①を5回(合計10分)行う

茶グマの改善法

chakuma

茶グマは目のこすりすぎ、メイクを落とさずに寝るなどによる色素沈着が原因でできるクマで、タオルを使った温冷ケアでは治らないタイプです。

茶グマにはビタミンC誘導体配合の化粧水

茶グマはメラニンが沈着した状態。代謝を進めメラニン色素を還元して色を薄くするビタミンC誘導体配合の化粧水や乳液を使用し、あまり目をこすらないようにする事が効果的です。

黒クマの改善法

kurokuma

黒クマもタオルを使った温冷ケアでは治らないタイプです。たるみグマとも呼ばれ、クマができる部分にある脂肪がたるんで影ができ黒くみえる状態。加齢などにより皮膚のハリが無くなり目の下に脂肪が溜まる事が原因で起こります。

頭皮マッサージ

kurokuma-touhi-massa-ji

全体的に血行を良くしながら上に引き上げていくようなマッサージで肌にハリを取り戻す事で、目の下のたるみを解消でき、その結果黒クマを消す事に繋がります。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

2016年5月6日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像