メッシュ手術法で膀胱や子宮などが下がる臓器脱を治療できるウロギネコロジーの名医がいる病院

骨盤底筋に支えられている膀胱や子宮などの臓器が下がる臓器脱に加え、膀胱が正常な位置から下がることで引き起こされる尿漏れを併発する女性が増えています。

臓器脱の主な原因は加齢。臓器を支えている骨盤底筋は加齢によって女性ホルモンが減少すると緩んでしまうのです。膀胱が下がると正常に機能しなくなり、病院に行かずに治療せずにいると尿漏れの症状が酷くなっていき膀胱が飛び出してくる場合もあります。

そんな通常の治療では治す事が難しくなってしまった臓器脱や尿漏れを治療できるウロギネコロジーセンターという診療科が注目されています。

ウロギネコロジーとは

  • 千葉県鴨川市の亀田総合病院にある診療科
  • 泌尿器科(ウロロジー)・婦人科(ギネコリジー)・直腸肛門外科(コロレクタルサージェリー)の3つを合わせた言葉
  • 泌尿器科・婦人科・直腸肛門外科の3つの分野を学んだ医師達で設立された専門外来
  • 3つの科のノウハウを全て動員して治療する
  • 婦人科のがん検診、泌尿器科の排尿の問題、直腸肛門外科の排便の問題も同時に解決できる

スポンサーリンク

根治が難しい重度の臓器脱を治療できるメッシュ手術法を行える名医

亀田総合病院ウロギネコロジーセンター長・野村昌良

zouki3

zouki1

ここまで下がった重度の臓器脱は通常の治療では根治が難しいとされていますが、ウロギネコロジーの名医・野村先生はメッシュ手術法という画期的な手術法により再発率を1~2%まで抑えます(従来の手術法の再発率は30~40%)

メッシュ手術はメッシュを膀胱と子宮を縫いつけ、メッシュの端を背骨の靭帯にくくり付ける事で吊り上げ元の位置に戻す治療法で、痛みが少なく回復が早い画期的な方法といわれています。

臓器脱はペッサリーという器具で臓器を元の位置に戻す治療法もありますが、合わない人は痛みなどが出る場合があるといいます。メッシュ手術法はペッサリーが合わなかった人の臓器脱も治療できるようです。

スポンサーリンク

関連:女性の尿漏れ対策にはシナモンと骨盤底筋を鍛える体操


関連記事

2016年7月14日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像