米油にも悪玉コレステロールを下げ動脈硬化を予防する効果があった

動脈硬化などが原因で起こる心疾患・脳血管疾患によって、年間約30万人もの人が亡くなっている。動脈硬化の主な原因は、脂肪が多い食べ物の摂りすぎや喫煙など生活習慣。

動脈硬化は50代以降から大きく増加してくることもあって、予防のために料理に使う油はオリーブオイルやエゴマ油にしている人が多いが、米油にもコレステロールを下げ動脈硬化を予防する効果があることがわかってきた。

米油にコレステロールを下げ動脈硬化を予防する効果

悪玉コレステロールを下げる

高コレステロール血症の患者50人を2つのグループに分け、片方だけに米油を摂取させた実験では、摂取したグループのLDL悪玉コレステロール値が20%低下したことが確認された。

スポンサーリンク

こめ油の原料・米ぬかにコレステロールを下げる作用

ガンマ・オリザノール

こめ油の原料として使われる米ぬかには、糖質の消化吸収の働きを高めるビタミンB1や腸の働きを良くする食物繊維など数多くの栄養が含まれている。

中でも米ぬかから抽出されるガンマ・オリザノールには悪玉コレステロールの吸収を防ぐ効果があり、さらに高い抗酸化力も持っている。その高い栄養効果から、医薬品やサプリメントにも使用されている。

ガンマ・オリザノールを摂取する事で、腸の中で食べ物に含まれるコレステロールの過剰な吸収をブロックされ、血液中にコレステロールが溜まるのを防ぐ事ができる。

米油600gを作るのに必要な玄米は43kgで、米ぬかの量は4.3kg分に相当し、動脈硬化を予防するガンマ・オリザノールがたっぷり。玄米を食べるよりもガンマ・オリザノール効率的に摂取する事ができる。

米油の食べ方使い方

  • ご飯を炊く時に小さじ1/3程度入れる
  • 炒め物を作る時に使う
  • パンに塗る
  • サラダにかける

ご飯との相性は抜群で、しっとりした甘みが加わる。クセがないため炒め物やパンに塗っても美味しい。

野菜と一緒に摂ると効果的

野菜に含まれるビタミンCと米油のビタミンEを一緒に摂ると、吸収率が高まる。

ビタミンEにはいくつか種類がある

ビタミンEにはさまざまな種類があり、こめ油のビタミンEは、スーパービタミンEと呼ばれる種類で、一般的な食用油のビタミンEに比べて、抗酸化作用が40倍~60倍強い

1日の摂取量

現在使ってる油を米油にする

米油は1日にどれくらい摂ると良いのか、適切な摂取量はまだわかっていない。油は高カロリーなため、量が増えないように気をつけて、現在使用している食用油の一部を米油に変えると良い。

参考:【食欲を抑える食べ物】玄米のガンマオリザノールに高脂肪な食べ物の食欲を抑える効果

スポンサーリンク


関連記事


2015年10月21日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像