夕食前に飲むと深い睡眠になるリンゴ酢、春香クリスティーンさんの睡眠障害も改善

夕食前に大さじ一杯のリンゴ酢を飲むとジェットコースター血糖(睡眠時の血糖値の乱高下)が抑えられ深い睡眠になるのだとか。

睡眠トラブルや糖尿病を招くジェットコースター血糖

ジェットコースター血糖とは、寝ている間、血液中の使われない糖を消費するため血糖値が乱高下する事。原因は寝る直前の糖質の摂りすぎやアルコールの摂取。

寝る直前に糖質を摂りすぎると血糖値を下げるインスリンと血糖値を上げるアドレナリンが過剰に分泌される。その結果、体には寝ているのに長時間全力疾走しているような負担がかかり、いくら寝ても疲れが取れない、スッキリ起きられないという睡眠トラブルを招く。睡眠トラブル以外にも血糖値の乱高下の状態が続くとインスリンの働きが悪くなるため糖尿病(2型)の危険性も高まる。

歯ぎしりや歯を食いしばる癖がある、寝汗をたくさんかく、怖い夢を見る、寝ている時にこの3つのどれか1つでもある場合は睡眠時に血糖値が乱高下している可能性がある。

夕食前のリンゴ酢で春香クリスティーンさんの睡眠障害が改善の兆し

リンゴ酢(酢酸)の効果

  • 胃の働きを弱めて消化を遅らせる
  • 糖の吸収を緩やかにし血糖値の上昇を抑える

※原液のまま飲むと胃を痛める可能性があるため大さじ1杯あたり90ml程度の水や炭酸水で薄める

眠っても眠ってもスッキリ起きられない睡眠障害に20年も悩んでいたという春香クリスティーンさんがリンゴ酢大さじ1水大さじ5杯で薄めたものを夕食前に飲み、スッキリ寝られるかを検証。実験では特殊な機器で睡眠の深さを測定。普段は深い睡眠が途切れたりしていたのがリンゴ酢を飲んだ場合は深い睡眠が途切れることなく続くようになった。

なぜリンゴ酢なのかというと、普通の酢に比べて飲みやすいことと、海外で行われた研究でリンゴ酢を飲んで7時間後に血糖値が4%下がったというデータがあるからのようです。

春香さんは実験では寝る6時間前に夕食を食べていましたが、寝る直前(寝る前の3時間以内)の食事は深い睡眠になりにくいと言うので寝る直前でも効果があるのか見てみたかったところではあります。恵さんはどうしても寝る直前に食事を食べなければならないような時にもスゴク効果があると言っていましたが。

出典:その原因Xにあり

スポンサーリンク


スポンサーリンク

普通の酢を夕食前じゃなく寝る前に水多めで薄めて飲んでみましたが起きた時にいつもよりスッキリしてる気がします。


関連記事

2017年3月4日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像