認知症予防にはローズマリーカンファーのにおいをかぐことやラム肉が効果的

脳の神経細胞に障害が起き、記憶力や思考力が低下して日常生活に支障をきたす認知症。認知症専門医の浦上克哉先生によると、認知症の予防を簡単にできて効果的な方法はローズマリーカンファーの香りをかぐことだといいます。

浦上克哉(うらかみ かつや)

    認知症専門医。日本認知症予防学会理事長。認知症予防の研究などを行っている。「アロマで予防!認知症」など認知症に関する本も数多く執筆している。

ローズマリーの香りをかぐことが認知症予防に効果的

浦上克哉先生によると・・・

  • 認知症は記憶を司る海馬が障害される事で起きる
  • 海馬はにおいを感知する神経と密接に連携しているため嗅覚を刺激する事で海馬が活性化する
  • ローズマリーの中でもローズマリーカンファーという種類が最も効果があった

このような理由からローズマリーの香りをかぐことが認知症予防に繋がり、研究でいろいろな香りを試した中でローズマリーが最も効果が高かったといいます。

さらに昼にローズマリーカンファー、夜はラベンダーなど、昼と夜で別々のにおいをかぐと効果が高まる事が研究でわかったそうです(ラベンダーは真正ラベンダーが最も効果が高い)

ローズマリーカンファーや真正ラベンダーはデパートや大手スーパー、ネットなどで購入可能です。

アロマをかぐ簡単なやり方

ティッシュや脱脂綿に数滴垂らして側においておき、昼と夜に別々の香りをかぐ。時間は昼2時間、夜2時間。ディフューザーを使うとさらに効果的。

外出する事が多く家にいることが少ない場合はアロマペンダントを首に下げておけば外出先でもアロマの香りをかぐことができます。

スポンサーリンク

普段から簡単にできる認知症予防運動

逆の手運動

右利きであれば左手で歯磨きしたり、買い物の時にお金を左手で取り出す、携帯電話やスマホを左手で操作するなど、日常の動作を利き手とは逆の手で行う事で普段使わない脳の神経が使われ認知症予防になります。

認知症予防には青魚だけでなく羊の肉、ラム肉も効果的

ramuniku

脳内の神経伝達物質の一種アセチルコリンが不足すると認知障害などの症状が引き起こされるといわれています。

体内のカルニチンの約一割は脳内のアセチルコリンの量を増やす働きをする状態で存在しています。カルニチンの分泌量は50歳を超えたあたりから減少してくるので、50歳を過ぎたらたまにはラム肉を食べると認知症の予防効果が期待できます。

スポンサーリンク


関連記事


2016年7月15日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像