里見浩太朗さんが危険な入浴法を続けながらも長生きですごい 手作り野菜ジュースのおかげか?

もうすぐ81歳になる時代劇俳優の里見浩太朗さんですが、毎朝入浴後に水シャワーというかなり危険な入浴法を続けているそうです。37℃のぬるめのお湯に15分~20分浸かるというのは良いのですが、その後の水シャワーは血圧がものすごく上がってしまい危険です。そのうえ水分を一切摂らずに入るという…これも入浴中に血液がドロドロになってしまい良くないと注意されていた。

そんな危険な入浴法を続けながらも血管が悪いわけではないどころか健康そうですごいですね。朝以外の習慣とかに何か秘密があるのでしょうか。

里見浩太朗さんの朝の健康法

①手作りジュース
ニンジン・りんご・生姜・シークワーサーのジュース。
飲むタイミングが遅すぎだったが野菜ジュース自体は素晴らしいと言われていた。

②37℃のぬるめのお湯に15分~20分浸かる&水シャワー
入浴だけなら非常に良いそうです。

③朝起きてすぐベッドの上で5分くらい運動する
65歳以上の人は朝起きてすぐ関節に負担をかける運動をするよりは、ベットの上で関節に負担をかけずに運動したほうがケガやトラブルが起きにくいそうです。特に冬は布団から出る前の軽い運動は血圧の急上昇を防げるというので血管の老化防止に繋がっている可能性がありそうです。

出典・参考:芸能人の健康法 正解?残念?(その原因Xにあり)

スポンサーリンク


関連記事

2017年8月26日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像