AGEを減らしてシミを製造中止にする 効果的な食べ物はキノコや酢

7月8月に浴びた紫外線によるシミがもうすぐ作られようとしています。老化について研究している山岸昌一先生によると、そんなこれからできるかもしれないシミを100%製造中止にはできませんが、体内のAGEを減らす事でかなり予防できる可能性があるといいます。

山岸昌一

    久留米大学医学部教授。
    老化の研究で医学賞を多数受賞。

体内にAGEが多いとシミができやすい

AGEとはコラーゲン(タンパク質)に糖がこびりついて本来の働きが失われてしまったもの。これが体内にたくさんあるとメラニン色素を必要以上に分泌させるのでシミができやすくなってしまいます。

紫外線が強い時期は細胞を守るためにメラニン色素で肌を黒くして紫外線の吸収を抑えています。通常はこれから紫外線が弱くなってくるとメラニン色素の分泌も少なくなりますが、AGEがあるとほんの少しの紫外線を浴びただけで、どんどんメラニン色素を作るように体に命令を出させてしまうのです。

AGEを増やす原因

karaage

  • AGEが多い焦げた物を食べ過ぎる
  • 血糖値の急上昇
  • 朝食を食べない事が多い
  • 糖分の摂り過ぎ

揚げ物は茹でたり蒸した料理に比べてAGEの量が10倍も多くなります。

AGEを減らす食べ物

酢、レモン
・酢やレモンを一緒に摂るとAGEが作られにくい
・酢で下ごしらえしてから調理するとAGEが増えるのを軽減できる

kinoko160831
きのこ
・キチン・キトサンにAGEの吸収を抑える効果がある

アーモンド

アーモンドの成分にはAGEとくっついて体外に排泄する働きがある。

参考:老眼は焦げた食べ物(AGE)をたくさん食べた人がなりやすい、予防にはアーモンド

紫外線を浴びてからシミが作られるまで一ヶ月以上かかります。それまでにAGEを減らせばシミが作られるのを止められる可能性があるそうです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連
肌の老化をもたらす糖化を予防するには


関連記事


2016年8月31日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像