SPEC~結~ シリーズ完結への想い

specketsu2
SPEC~結~の番宣で出演者がシリーズが完結することへの想いや、
それぞれの出演者に対する印象を語っています。

specが終わることになった時の気持ちは?

戸田恵梨香「やっぱり寂しかったです。クランクアップの時も自分ではそうなると思ってなかったんですけど、呆然としちゃって、終わってしまうんだなあと、何かこうポッカリ空いたようなそんな感じでした」

3年間同じ役を演じてみてどうだったか?

加瀬亮「思ったより楽しかったですね。どんどん役に愛着が湧いてきたというか」

堤幸彦監督のムチャ振りエピソード

セリフをコロコロ変えられ何パターンも撮影するも、結局使われず元々のセリフが使われた
出演者にはくだらないことを提案してくるのに出演者からアイデアを提案しても却下されたなど

セリフが変わることについて竜雷太さん
「僕は楽しかったですね。最初の収録の時にチームに惚れまして、この人の言うことなら何でもやろうと、セリフだけは覚えていこうと。そうじゃないとついていけないから」

いろいろやらされていた当麻について戸田恵梨香さん
「連ドラの時なんてずっとギャグ言ってましたから、ほとんど覚えてないくらいですね」

SPEC~結~のPVなどにもある「うっせー!ハゲだこ!」は戸田恵梨香さんのアドリブだったそうで、堤監督と3年も一緒に撮影していることもあり堤色に染まってしまってますね(笑)

加瀬亮さんは思い出し笑いをよくする?

SPEC~結~でセカイを演じた向井理さんと大島優子さんの加瀬亮さんについての印象

向井理
「加瀬亮さんもとにかく気合の入り方がほかの人以上にあって、加瀬亮さんの背中を見てると自分もがんばらなきゃとすごく思えたので、皆の熱意の高い作品になったんじゃないかと思いますね」

大島優子
「加瀬亮さんは不思議な方でしたね。不思議なオーラを纏ってるというか」
「不意に笑うんですよね。どこがツボなんだろうなというような。一日だけだったので最後まで掴めずに。またお会いしたいですね。瀬文とは全然違うキャラクターでした」

戸田恵梨香さんの印象ではセリフのことを考えて笑ってるのではとのこと。


関連記事

2013年11月5日 | カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像