SPEC~零~出演者のコメント

specketsu2
昨日の深夜に放送されたSPEC~翔~が始まる前の零の番宣から出演者のコメントです。零はドラマ版より前のストーリーということもあり、ニノマエや地居の出番が多そうな感じですね。ニノマエはドラマ版でも十分残酷だったと思いますが、零ではもっと残酷だったようです。

出演者の方々のコメント

当麻の父親、当麻天役・佐野元春「撮影はすごく楽しかったですね。じぶんの演じた役はストーリーでどのように出てくるのか、仕上がりをすごく楽しみにしています」

SIT隊長入山役・高嶋政伸「今回SPEC~零~でSITの隊長役ということで、一週間毎日日焼けサロンに通い、少しでも強そうに見えるようにと、作り上げた皮膚の色、このメラニン色素を存分に楽しんで頂きたいと思います。そしてもちろん、素晴らしいSPECの世界も楽しんで頂きたいと思います」

零ではニノマエと地居の詳しい関係性も明らかに。
ニノマエ役の神木隆之介さんと地居役の城田優さんのSPEC~零~についてのコメント。

ニノマエ役・神木隆之介「黒い歴史という言葉がありますが、本当にその言葉の通りのニノマエとなっておりまして、ドラマや映画などこれまでの作品ではニノマエらしいと言えばニモマエらしい殺し方なのでしょうけど、零のときは残酷だったんですね。一番印象に残っているのは、台本読んでてビックリしたんですが、零でこれがあったから今があるんだっていう、ピースの一つがカチっとハマッたなっていう思いはすごくありました」

地居役・城田優「街ですれ違う方とか、知り合いを介して紹介してもらった方とかに、『SPEC見てました、大嫌いです』とよく言われるんですよ。当時も言われてたんですけど今でも言われるんですよ。”あのドラマのさあ”って。そう言われるぐらいすごくみなさんの印象に残ってるらしくて、嫌われてるってことはそれだけ役に嵌まってたってことなのかなと、いい意味に捉えてるんですけど、僕としては幸せな思いです。わりと変態な地居を全面に出していきました。」


関連記事

2013年10月20日 | カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像