便秘解消にはヨーグルトより京都の漬物「すぐき」やオリーブオイルが良い ベストセラー本の著者が薦める便秘解消に良い食べ物

便秘外来専門医・松生恒夫が薦める便秘解消に良い食べ物

    松生恒夫・・・便秘外来専門医、これまで便秘に関する本を100冊以上執筆・監修してきた、著書「毒出しジュースダイエット」が10万部のベストセラー

京都の漬物「すぐき」

便秘解消に効果的な食べ物は生きたまま腸に届く乳酸菌が多い食べ物。京都の漬物すぐきにはヨーグルトよりも乳酸菌が多く、胃酸によって死滅しやすいヨーグルトの乳酸菌と違い、生きたまま腸に届くラブレ菌という乳酸菌がたくさん入っているためヨーグルトより効果的。

便秘解消のために食べると良い量は1日小鉢1杯分程度

suguki2

すぐき以外でもしば漬け、野沢菜、キムチなどにも乳酸菌は含まれているが、浅漬けは乳酸菌が少なく、数ヶ月かけて深く漬け込んだ漬物に乳酸菌が多い。

野沢菜の漬物なら茶色くなるまで漬けた本漬けのほうが乳酸菌が多く便秘解消に効果的。

オリーブオイル

オリーブオイルの油分が潤滑剤となって便のすべりをよくしてくれるため便秘解消に繋がる。特にオリーブオイルに含まれるオレイン酸は大腸まで届きやすい。

suguki3

お湯にオリーブオイルをスプーン1杯ほど入れたものを毎朝飲むのが便秘解消に一番効果的だという。

お湯と一緒にオリーブオイルを摂る事で、オリーブオイルが腸の表面に油膜を張ってお湯が冷めにくくなるため腸が温まり便秘解消に繋がり、特にお腹の冷えが原因の便秘に効果が高い。

お湯ではなくてもスープやココアにスプーン1杯程度入れて摂っても良い。

玄米よりも麦ご飯

玄米には水に溶けないタイプの不溶性食物繊維が多く便秘を悪化させてしまう場合がある。大麦には便を柔らかくしてくれる水溶性食物繊維が豊富なため、便秘の人は玄米より白米2:大麦1の割合で炊いた麦ご飯が良いという。

まとめ

  • ヨーグルトより京都の漬物「すぐき」が便秘に効果的
  • すぐきの乳酸菌は生きたまま腸に届く
  • 味噌や日本酒の乳酸菌も生きたまま腸に届く
  • 毎朝、お湯にオリーブオイルを入れたものを飲む
  • 便秘には玄米より麦ご飯

関連
【すんき】長寿日本一長野県の人達が血管と肌年齢を若く保っている食べ物【赤かぶの葉の漬物】
大根のぬか漬け効果?キンタローが腸内環境を改善し1週間でウエスト-12cm減に成功

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

2016年3月26日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像