高血糖ストップ遺伝子サーチュイン遺伝子を活性化させる相撲取りの食生活

2017年5月17日 | カテゴリー:健康

タグ:

増えすぎた糖分で血液がドロドロ状態になり血管を老化させる高血糖。日本人はインスリンの効きが悪く血糖値を抑えにくい人種だが、同じ日本人でも相撲取りは高血糖ストップ遺伝子といわれるサーチュイン遺伝子が活性化しているため大量に炭水化物を摂っても食後に高血糖の状態にならないという。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ

イメージ画像