血管若返り効果もアップ?涙が出ない玉ねぎの切り方&かぼちゃの簡単な切り方

玉ねぎは血管に良いけど目が痛くなったり涙が出たりして切るのが大変。ですが少し切り方を変えるだけで切る時に目が痛くならないだけでなく味まで大きく変わるのです。

包丁のスパスパゾーンで切る

野球のバットに球がよく飛ぶゾーンがあるのと同じく包丁にもスパスパとよく切れるゾーンがあります。

包丁の先から指2本分くらい後ろから真ん中までがよく切れるゾーン。この部分を使って切ります。

涙が出ない玉ねぎの切り方

何度も往復させて優しく切る


1回で切ろうとすると細胞が潰れてしまって辛味や涙が出ます。玉ねぎは本来甘いものなので、1回で切らずスパスパゾーンを何回も往復させて切ると細胞が潰れず、水にさらさなくても甘くてニオイの気にならないオニオンスライスができます。水にさらさないので水に溶けやすい血管若返り成分のケルセチンも損なわれません。

断面がでこぼこで水分が染み出していたら失敗、ツルツルしていたら成功です。

気持ちいいほどスパッと切れるかぼちゃの切り方

包丁を斜め45度に入れる


カボチャの中心部分に包丁を斜め45度に刺し、そのまま斜めに押すような感じで突き刺します。そうしてから切ると簡単に切れるそうです。最後にもう半分も同じように切ります。

スポンサーリンク


関連記事

2017年8月17日 | カテゴリー:健康 生活

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像