【玉ねぎおろしドレッシング】血管若返り成分ケルセチンを無駄なく摂れる新玉ねぎの食べ方

玉ねぎの町 佐賀県白石町の人がやってる血管若返り成分を無駄なく摂れる新玉ねぎの食べ方。

新玉ねぎスライスは水にさらさず放置する

新玉ねぎのスライスを作る時に産地の人が必ずやっている調理法。

玉ねぎの血管若返り成分ケルセチンは水に溶けやすいため水にさらすとケルセチンの量が減ってしまう。苦味や辛味は水にさらさなくても切ってから20分程度放置するだけでも飛ばすことができる。

スープや汁物にして食べる

スープや汁物にして食べる事で水に溶けやすいケルセチンを余すことなく摂ることができる。

かき揚げなど油と一緒に摂ると吸収率アップ

ケルセチンは油で揚げても効果は無くならず、油で揚げたり飴色玉ねぎのようにしても吸収率がアップする。油脂成分と一緒に食べると吸収率がアップするためチーズなどの乳製品と一緒に食べるのも効果的。

玉ねぎおろしドレッシングにして食べる

  • 新玉ねぎ・・・150g
  • 酢・・・150ml
  • オリーブオイル・・・大さじ3


切って20分放置した新玉ねぎと酢をミキサーにかける


オリーブオイルを混ぜたら完成。マヨネーズ大さじ1足しても良い。
サラダや冷しゃぶにかけたり、醤油を混ぜてハンバーグや焼き魚にかけたりして使われている。

玉ねぎをみじん切りにしたりすりおろしたりした時に、血液サラサラになる効果が期待できるアリシンという成分が生成される。玉ねぎの細胞が壊れた時に発生するためミキサーにかけることでより多くの細胞が壊れアリシンが多く生成される。さらにオリーブオイル(油脂成分)を合わせる事でケルセチンの吸収率もアップしている。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

2017年4月22日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像