内山信二、味噌汁ファーストと歯周病予防の毒出しうがいで寿命が延びる

タレントの内山信二さんが名医の太鼓判の人間ドックビフォーアフターで余命6年・寿命41歳と診断された。理由は心臓の血管に50%狭くなった部分があり心筋梗塞のリスクが高かった事と、血液検査の肝臓の数値や中性脂肪など11項目が異常値だったため。30歳過ぎてからは野菜を食べるようにしてる、最近野菜足りてないなって時はしゃぶしゃぶ専門店へ行き肉を食べるという(?)

他にも重度の歯周病が見つかった。

生活改善で余命15年に

①減量のための改善メニュー味噌汁ファースト
食事の前に熱々の味噌汁を1杯飲みきるというもの。早食いの予防になり減量効果が期待できる。
満腹感が働くまでには20分かかる。熱々の味噌汁をゆっくり飲むことで満腹感を高める20分の間をつなぐ事ができる。

②歯周病予防のための改善メニュー毒出しうがい
歯の汚れや食べかすをきれいにするうがい方法。


①水を口に含み上の歯にぶつけるイメージで10回ぐじゅぐじゅして吐き出す


②水を口に含み下の歯にぶつけるイメージで10回ぐじゅぐじゅして吐き出す

③左右の奥歯も同じく10回ずつ行う

※1日3回、食後に行う

2つの改善法を3週間行い再度検査した結果、肝機能の数値が44から32に(基準値5~40)、中性脂肪は315から305に(基準値50~149)に、余命15年・寿命50歳に改善された。

熱々の飲み物をいつも飲むと食道に悪いと言うのでゆっくり飲むのが大事だと思いますが内山くんは急いで飲んでそう…食道悪くしないといいのですが。

出典・参考:名医のTHE太鼓判4

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

2017年5月23日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像