最新情報

塩分を摂ると高血圧になるは嘘、高血圧の人こそ味噌汁

2017年10月22日 | カテゴリー:健康

「塩分を摂ると高血圧になるというのは嘘」「高血圧の人にこそ味噌汁をすすめる」「逆に減塩しすぎると病気になることもある」と、北品川藤クリニックの石原藤樹さんという医者が言っていた。

この投稿の続きを読む »

寒暖の差による不調改善に 発酵食品のミキ&手作り豆乳ヨーグルト

2017年10月21日 | カテゴリー:健康

寒暖の差が激しい時期は自律神経が乱れてしまい、疲れやすい、食欲が出ない、便秘などの症状が現れやすいといいます。それらの症状の改善に大切なのが腸内環境です。発酵食品を摂って腸内環境を整えると腸と繋がる自律神経が整えられるので寒暖の差による不調の改善が期待できるそうです。

この投稿の続きを読む »

鶏肉でギランバレー症候群に?生焼けの鶏肉が危ない

2017年10月18日 | カテゴリー:健康

ギランバレー症候群とは主に筋肉を動かす運動神経が攻撃され手足に力が入らなくなったりする疾患です。

悪化すると、首の筋肉が麻痺し首が据わらなくなる、胸の筋肉が麻痺し自発呼吸ができない、喉の筋肉が麻痺し誤嚥、神経が攻撃され幻視が起きる、血圧や脈拍をコントロールしている自律神経が攻撃され不整脈を起こすなどの症状が引き起こされる事があります。

この投稿の続きを読む »

前立腺がんをダ・ヴィンチで治す女性泌尿器科医のスーパードクター新村友希子さん

2017年10月14日 | カテゴリー:健康

ダ・ヴィンチは10倍に拡大した視野で見え、細かい作業ができる内視鏡手術支援ロボットです。ですが自由自在に操るためには訓練が必要だといいます。新村友希子さんはダヴィンチで手術をするための認定資格があり、現在、前立腺全摘除術を全てダヴィンチで行っているそうです。

この投稿の続きを読む »

人間ドックの結果が悪かった嶋大輔さんと仁支川峰子さん ロカボ、豆、鯖缶で改善

2017年10月12日 | カテゴリー:健康

井戸田潤と片岡鶴太郎が人間ドック 水分摂らずサウナ&1日1食でもほぼ健康?

2017年10月11日 | カテゴリー:健康

健康そうに見える井戸田潤さんは全く水分を摂らずサウナに入り、その後1.8リットルもアルコールを飲むという、血管に悪そうな習慣があるのに中性脂肪以外健康。ヨガ&1日1食生活で激やせして健康そうに見えない片岡鶴太郎さんは腸内細菌バランス以外異常無しという結果に。

この投稿の続きを読む »

大久保佳代子と多岐川裕美が人間ドック 甲状腺に腫瘍&多すぎる隠れ脳梗塞

2017年10月11日 | カテゴリー:健康

重症の高血圧が治る腎デナベーション手術 腎臓が出す物質レニンの量を正常にする治療

2017年10月2日 | カテゴリー:腎臓

世界で10億人以上が悩まされている高血圧。その中でも「血圧を下げる薬を何種類も同時に飲んでいたが効果が全く出ない」「ひどいときには薬を飲んでも上が200以上になることがある」というような重症の高血圧に悩む患者さんが珍しくないといいます。

そんな重症の高血圧を治す画期的な治療が腎デナベーション手術です。腎デナベーション手術とは、カテーテルを太ももの血管から挿入し、血管の内側から熱を加えて神経の一部を焼き切ることによって腎臓が出すレニンという物質の量を正常にする治療法です。

この投稿の続きを読む »

胸の片側に痛みが起きるサービカルアンジャイナ(頚椎狭心症) 原因は首の骨のトゲ

2017年9月29日 | カテゴリー:健康

サービカルアンジャイナ(頚椎狭心症)は胸の片側に痛みが起きる比較的珍しい首の病気です。

この投稿の続きを読む »

内臓脂肪を減らす海藻アカモク 運動や糖質制限の必要も無し?

2017年9月27日 | カテゴリー:健康

アカモク(ギバサ)という海藻をよく食べている人は内臓脂肪が少ない、メタボの基準値100c㎡以内の人が多いらしい。

この投稿の続きを読む »

タオルで手をこする→物忘れ改善や認知症の予防ができる可能性

2017年9月27日 | カテゴリー:健康

タグ:

タオルか何かザラザラしたもので手を刺激すると、脳の神経細胞のネットワークを修復してくれるNGFという脳内物質が増え、脳の機能が復活、物忘れが改善される可能性があるという。

この投稿の続きを読む »

DJKOOと林マヤが人間ドック 脳動脈瘤、大腸ポリープなど見つかる

2017年9月26日 | カテゴリー:健康

凌河はるひと武田修宏が人間ドック 肝臓が穴だらけ(肝のう胞)&胸にも嚢胞が

2017年9月26日 | カテゴリー:健康

原因は皮膚ガス?血液からでる尿のような匂いや酸っぱい匂い

2017年9月23日 | カテゴリー:健康

人の体からはおならのようにお尻から出るガスだけでなく皮膚からも皮膚ガスというガスが出ています。加齢臭の成分の一つであるぺラルゴン酸や、2-ヘキセナールというカメムシのニオイ成分などその種類は300種類以上あります。

この投稿の続きを読む »

怪しいがん治療 トラブルにならない見分けかた

2017年9月23日 | カテゴリー:健康

国立がん研究センターの若尾文彦センター長が自由診療の問題点や怪しいがん治療を見分ける方法を語っていた。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ

イメージ画像