100歳になっても元気な人は味噌汁牛乳ブロッコリーを食べていた

長生きするには健康を保つための食生活が重要。長寿遺伝子を研究している白澤卓二医学博士が100歳以上まで元気で長生きしている人たちの食生活を調査・研究した結果、味噌汁牛乳ブロッコリーを共通して食べていたことがわかった。

100歳以上の人は毎日味噌汁を飲んでいた

味噌の成分に長寿の秘密が

  • 脳梗塞、心筋梗塞予防
  • 老化防止効果
  • 動脈硬化予防効果
  • 乳がん、前立腺がんの発生率減少

味噌には長寿につながる成分が含まれている。味噌に含まれるたんぱく質はコレステロール低下や脳血栓予防、ビタミンEは老化防止効果、レシチンは動脈硬化予防効果など。

味噌と一緒に食べると良い食べ物

  • 豆腐×ワカメ
  • エゴマ油、アマニ油などのオメガ3脂肪酸

豆腐とワカメは両方とも食物繊維が豊富で腸内環境を良くする組み合わせ。腸内環境を良くすると、免疫細胞を正常に働かせ十分に免疫機能を保つ事ができる。

参考:腸内環境を整え腸から風邪予防

えごま油などのαリノレン酸(オメガ3)を摂取すると体内でDHA・EPAに変化する。このDHAと大豆のリノール酸は血液をサラサラにする効果があり、脳梗塞・心筋梗塞の予防に良い組み合わせ。

参考
エゴマ油の脳の老化防止効果を高める食べ方食べ合わせ
長寿遺伝子の働きを活性化する食べ物・ココナッツオイル

スポンサーリンク

100歳以上の人は毎日牛乳、乳製品を摂っていた

100歳以上の元気な人を対象にどれくらい乳製品を摂っているかの調査では、男女共に65%以上がほぼ毎日乳製品を摂っていた。

牛乳を飲む効果的なタイミング

筋肉が作るにはたんぱく質が必要。運動した後に牛乳を飲むと、牛乳に含まれる良質なたんぱく質により筋肉増強効果が2倍に。1日の摂取量目安は200cc

参考:
筋肉と免疫力の関係 筋肉不足は脳卒中や心筋梗塞、認知症、糖尿病になりやすい
インターバル速歩のやり方

100歳以上の人は毎日ブロッコリーを食べていた

ブロッコリーは優れた抗酸化作用があり老化防止に効果的。研究でも100歳以上の人は体のサビつきが少ないという。ブロッコリーはがん抑制効果も高い食べ物で、発がん物質を解毒するイソチアネートや、血管を丈夫にするケルセチンなど、長寿に繋がる栄養が含まれている。

胃がん経験者のお笑い芸人宮迫も、医者にブロッコリーを食べるように薦められたという。

参考
ブロッコリースプラウトのスルフォラファンに驚きの抗酸化力・胃がんになりにくくなる効果も
胃がん予防に最適な食事ウルトラニンニクオイルの作り方

ブロッコリーと一緒に食べると効果的な食べ物

  • ごま

ごまには抗酸化作用があるほか、骨粗鬆症予防効果もあり骨の老化防止に役立つ。

参考:食事にゴマをプラスして骨粗鬆症予防

  • トマト

トマトのリコピンはがん予防効果や動脈硬化抑制作用が強い。動脈硬化は誰でもある程度は起こってくるが、100歳でも元気な人は動脈硬化が起きている人が少ないという。

スポンサーリンク


関連記事


2015年11月20日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像