味噌やアサリ、シリアルが予防に良い、糖尿病に一番なりにくい愛知県の食習慣

糖尿病になりにくい都道府県ランキング。※生活習慣の影響が大きいII型糖尿病

糖尿病になりやすい県トップ5

1位・・・青森県
2位・・・秋田県
3位・・・鳥取県
4位・・・山梨県
5位・・・福井県

糖尿病は甘いものを食べ過ぎるだけではなくて糖類を含む炭水化物を食べ過ぎるのが大きな原因。炭水化物を摂り過ぎると血液中の糖類の量が過剰に。そうなるとたくさんインスリンを出そうと頑張り続けたすい臓が疲れてしまい、インスリンの分泌が悪化。エネルギーにならなかった糖類が血液中に余り常に高血糖状態に。

青森県が糖尿病の死亡率全国ワースト1位の原因

  • 朝からラーメンを食べる習慣がある
  • 赤飯や茶碗蒸しなどを甘くする習慣がある
  • 運動をしない(スポーツする人の割合がワースト1位)

ra-men

青森県が糖尿病の死亡率全国ワースト1位の理由はラーメンが好きすぎて朝から食べる人が多いこと。ラーメンを食べ過ぎると糖尿病の原因である炭水化物の過剰摂取に繋がる。肥満体型になるとインスリンの効きが悪くなるためラーメンの食べすぎによって脂質を摂り過ぎることも糖尿病の原因に。

青森県は赤飯や茶碗蒸しなども甘くする習慣があり甘いものの摂り過ぎもワースト1位の原因。

スポンサーリンク

糖尿病になりにくい県トップ5

1位・・・愛知県
味噌が予防に効果あり

2位・・・神奈川県

3位・・・滋賀県
→低カロリーな赤コンニャクが名物

4位・・・東京都
5位・・・奈良県

愛知県が糖尿病になりにくい理由

  • 赤味噌を使った料理が多い
  • アサリをよく食べる
  • 喫茶店でモーニングを食べる習慣がある

akamiso

味噌には糖類の消化吸収を遅くする作用があるメラノイジンという成分が含まれている。メラノイジンは愛知県でよく使われる赤味噌のような色が濃い味噌に多く含まれている。

asari161023

愛知県はアサリの漁獲量が12年連続1位。貝類のなかでアサリに特に多く含まれているマグネシウムを摂ると、食後の高血糖の改善やインスリンの効きを改善する効果があり糖尿病の予防が期待できる。愛知県ならではの食べ物としてアサリの押し寿司やあさりせんべいなどがある。

asarisenbei

朝食を食べると1日の血糖値が低く抑えられるため予防に良い。特にシリアルは食物繊維が豊富で空腹時に食べても血糖値が上がりにくいため、糖尿病予防に適した朝食だという。

出典:サタデープラス

スポンサーリンク


関連記事

2016年10月23日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像