【秋バテ】秋にだるいのは自律神経の乱れが原因 秋バテ予防解消法

fr

疲れる、だるい、やる気が出ないなど夏バテのような症状が秋にも起こってしまうことを、秋バテと呼ばれています。エアコンもあまり必要なく過ごしやすい季節なのに夏バテのような症状がでるのは、自律神経の乱れが原因と考えられています。

自律神経の乱れが秋バテの原因

自律神経には正反対の働きをする交感神経と副交感神経の二つの神経から成り立っています。通常、活動している時や緊張している時は交感神経が働いて、夜間は副交感神経が働き、昼間に溜まった疲労やダメージを回復します。

しかし秋は低気圧が多いため自律神経に乱れが生じてしまうのです。秋は低気圧が通りはじめるので気圧の関係と、天気が悪くなるので湿度の関係が体調に影響してくる可能性があります。

気圧が下がってきて空気が薄くなると、副交感神経が優位なってしまう状況が昼間のうちに作られてしまうため、やる気が起こらなかったり、ひどくなるとうつ傾向になってしまうことが起こりえます。

スポンサーリンク

秋バテの正体

昼間仕事や家事をしたくても、秋の気候に体を適応させようと、昼間なのに休息モードの副交感神経が勝手に働きます。そのため体を動かしたくても交感神経がオフになっているので、だるさを感じたりやる気が起こらなくなるというわけです。

今年は秋バテの症状が出やすいため要注意

7月の後半から8月の頭にかけて大変な猛暑でした。8月の前半に東京では最高気温37.7℃を記録、8月の後半に入ると最低気温21℃を記録し気温が急降下しました。気温の差が激しいほど自律神経は乱れやすくなるので、今年の秋は秋バテの症状が出やすい可能性があります。

秋バテ解消には冷え性対策にもなる温活

温活は体を冷やさない・温める生活のこと。体を温めれば血流が良くなり、自律神経が整えられ秋バテ予防になります。

秋バテ対策①朝起きて1杯の白湯を飲む

朝起きたときに飲むものを白湯にするだけで予防効果があります。冷たい物で体を冷やすと、体温を上げるためにエネルギーが必要になります。体が温かければそのエネルギーをほかの事に使う事が出来るので、体を温かくしておくことは重要です。

秋バテ対策②爪先立ち

熱産生の大部分は筋肉が担っているので、熱を作るには筋肉が必要になります。洗物等をしながら爪先立ちによって筋肉に負荷をかけるだけでも十分に秋バテ対策になります。

秋バテ対策③筋肉の量が多い部分を温める

太もも・腰周り・お腹・二の腕など、血流の多い場所を重点的に温めると血液の巡りが良くなり効率よく体温が上がります。

スポンサーリンク


関連記事

2015年9月8日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像