麻丘めぐみさん毎日野菜ジュースを飲んでいたのに大腸ポリープと肉芽腫が見つかる

麻丘めぐみさんがテレビ番組で人間ドックを受けたところ、大腸ポリープ7個と肺に肉芽腫が見つかった。放っておくと大腸がんに進行する可能性があるポリープが7個中5個できていたが全て取り除き、肉芽腫も良性の可能性が高いとの事。

麻丘めぐみさんの健康法

①毎朝野菜ジュース350mlを飲む
イチゴ・リンゴ・ニンジン・バナナ・グレープフルーツ・ほうれん草・キウイ・小松菜をミキサーにかけたもの。

②サンドイッチにはタマネギ・ルッコラ・レタスをちょい足し、鍋も野菜たっぷり

③食事には健康にいいと聞いたお茶を合わせる

デットックス茶(KUSMI TEA?)・韓国のお茶・フランスのお茶・日本のお茶(玉露)など

④空いた時間に1時間ウォーキング

昼食ではサンドイッチ以外の時も野菜を足すようにしているそうです。大腸ポリープは年を取るとできやすくなるそうで、毎日野菜ジュースを飲む事とウォーキングを続けていたおかげで重症にならずに済んだ可能性がありそうですね。

医師の見解・指摘

・ポリープは一般的には1個か2個程度しか見つからない。麻丘さんはポリープができやすい状態になってきていると推察される。1年後に再検査を。

・大腸ポリープの要因となるのは加齢・家族歴・肥満・喫煙・過度の飲酒など

・7個中5個見つかった危険度3のポリープは放っておくうちにその中にがんが出てくる。今回全て取ってしまったのは非常に良かった。

・ポリープができやすい人は乳がん・子宮体がん・卵巣がんになりやすい。この検査も毎年して頂きたい。

・肉芽腫は炎症などが治っていく過程でできる組織の変化やその痕跡など。麻丘さんの肺にあった肉芽腫は以前炎症を起こした跡である可能性が高いが、まれにがんの場合もあるため必ず4~6ヵ月後にもう一度検査を。

出典:主治医が集まる診療所

その他の出演者の結果(2017年3月)

・千原せいじ・・・血管が38歳も老化し脳梗塞の危険、原因はお酒の飲みすぎ

・ダイノジ大地・・・糖尿病が悪化

・雛形あきこ・・・萎縮性胃炎+ピロリ菌 好きなものを好きなだけ食べて間食もかなりする。萎縮性胃炎を進行させる氷入りの冷たい飲み物や胃がんのリスクを上げる可能性がある甘いものやグリルした肉・魚を好んでいつも多く食べていた

・宮川一郎太・・・LH比2.4(正常値は2.0) 糖質制限していたが食事が肉に偏っていたため。肉を控えて魚を増やすと良いとアドバイスされた

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

2017年3月28日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像