【ヒートショック】冬の入浴中の事故、突然死を防ぐお風呂の入り方・美肌になれる入り方

冬場に急増する突然死の原因の多くはお風呂。入浴中の突然死で年間1万7000人も亡くなっている。冬のお風呂は温度差が大きく、温度差によって交感神経が強く刺激されすぎて血圧が急上昇するため突然死を引き起こす危険が高い。そんな寒暖差が激しい冬のお風呂での事故や突然死を防ぐお風呂の入り方とは。

突然死を防ぐお風呂の入り方

湯船に入る前にかけ湯する

冬のお風呂で気をつけたいのは温度差による血圧の急上昇。かけ湯は湯船に浸かった際の血圧の上昇を防ぐ入り方としてかなり有効。

湯船に浸かるのは胸や肩までにする

入浴中は水圧によってウエストが3~4cmも縮むほど強い水圧を受けている。首まで浸かると胸の周りが水圧で圧迫され、心臓や肺に大きな負担がかかり、心筋梗塞などを起こす可能性が出てくる。

突然死を防ぐにはお湯の温度を42度未満にする

お風呂は42度を境に体への影響が正反対になる。41度まではリラックス効果があるが、42度以上は交感神経が刺激され血圧が急上昇し心拍数も早くなる。

足先からゆっくり入る

心臓への負担を和らげるため。

浴室と脱衣所を事前に温めておく

冬の入浴が血圧に与える影響を調べた実験では、浴室と脱衣所を温めずに42度のお湯に入ると、リビングで測った血圧よりも50近く上昇した。浴室と脱衣所を温め、リビングとの温度差を小さくしてから42度のお湯に入ると、血圧の上昇は10以下に抑えられた。

暖房が無い場合は、シャワーで湯を張ると浴室が暖まる。

スポンサーリンク

ヒートショックを予防する飲み物

麦茶

麦茶のミネラルに血圧の上昇を抑える働きがあり、脱衣所で服を脱いだ時の血圧の急上昇を和らげることができる。入浴前に常温にしておいた麦茶を1杯飲むだけでヒートショックの予防になる。

炭酸入浴剤でぬるめのお湯でもぽかぽかに

ぬるめのお湯でも炭酸入浴剤を入れて炭酸風呂にすることで、実際の温度よりも1~2度温かく感じる。通常寒さを感じると血管が収縮するが、炭酸風呂は血管を広げる効果があり、血流がよくなり体をぽかぽかに温める事ができる。

お風呂で歯磨きすると美肌に

湯船に浸かりながら歯磨き

美肌ホルモンのパロチンは、耳の下の唾液腺から分泌される。体温が上がると唾液が出やすくなり、さらに歯磨きによっても唾液腺が刺激されるため美肌に効果的。

突然死を予防する湯船からの上がり方

湯船に入る時は血圧の上昇がリスクになるが、湯船から出る時は血圧の低下がリスクになり、立ちくらみや意識を失う事がある。湯船から立ち上がった際、血流が下半身に集中し脳への血流が不足することで、立ちくらみや失神の原因に。

10秒間両手を冷やす

あらかじめ洗面器に水を入れておき、湯船に浸かりながら両手を10秒間冷やすことで、血圧の急低下を防ぎ突然死のリスクを減らすことができる。

参考:【入浴法】気になる症状別お風呂の入り方・シャワーの浴び方

スポンサーリンク


関連記事


2015年11月28日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像