血圧を下げるビーツ、老化を遅らせるグレープシードオイル、栄養士が選んだ栄養価が高い食材

体に良い効果が高くぜひ食べてもらいたい食材について、テレビ番組の世界一受けたい授業が管理栄養士208人にアンケートを取った。その結果5位に血圧を下げる効果が高いビーツ、4位には老化を遅らせる効果が高いグレープシードオイルが選ばれていた。

飲んで1時間で血圧が下がったビーツジュース

bi-tu1

    ビーツ・・・地中海沿岸原産の野菜。カブに似ているがほうれん草の仲間。価格は150g(握りこぶし1個分程度)で約100円。

飲む輸血といわれるほど鉄分が多く貧血に良い、美肌や疲労回復などの効果があるが、血圧を下げる効果が特に注目されている。ビーツに含まれる硝酸塩という成分が、体内で血管を広げる作用がある一酸化窒素に変わるため高血圧予防に良いといわれている。

番組がビーツの効果を検証するため高血圧の男性にビーツジュースを飲んでもらったところ、飲んで1時間後には上が-11、下が-6下がっていた。

※ビーツジュースの作り方・・・ビーツ100g・バナナ1/2・レモン汁15cc・水150ccをミキサーにかける

ぶどうジュースにも一酸化窒素を発生させる効果があるといわれています。
//aplj.net/blood-pressure-grape

スポンサーリンク

グレープシードオイルが選ばれた理由

gure-pusi-dooiru

    グレープシードオイル・・・ブドウの種から絞ったオイル。

オリーブオイルより老化を遅らせるビタミンEが4倍多く癖もない事が理由で選ばれた。効果的な食べ方は1日スプーン1杯程度を直接飲むこと。直接飲むことで老廃物が排出されるという。

1位から3位に選ばれた食材

supurauto161016

1位・・・ブロッコリースーパースプラウト

がんを抑制する作用がある成分が多く含まれているため

motimugi161016

2位・・・もち麦

水溶性食物繊維が豊富で便通が良くなるため。番組がホリプロスカウトキャラバン特別賞を受賞した井上咲楽さんに5割もち麦ごはんを1日3食食べてもらったところ、4日目から毎日出るようになり、今では朝だけで3回出ることもあるそうです。

井上さんはオレンジ色の便が出たと言っていたが、便の色がオレンジ色だと腸内環境が整った証らしい。

supirurina

3位・・・スピルリナ

タンパク質がササミよりも多い、必須アミノ酸9種類を全て含むなどの理由。

スポンサーリンク


関連記事

2016年10月16日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像