重症の高血圧が治る腎デナベーション手術 腎臓が出す物質レニンの量を正常にする治療

2017年10月2日 | カテゴリー:腎臓

世界で10億人以上が悩まされている高血圧。その中でも「血圧を下げる薬を何種類も同時に飲んでいたが効果が全く出ない」「ひどいときには薬を飲んでも上が200以上になることがある」というような重症の高血圧に悩む患者さんが珍しくないといいます。

そんな重症の高血圧を治す画期的な治療が腎デナベーション手術です。腎デナベーション手術とは、カテーテルを太ももの血管から挿入し、血管の内側から熱を加えて神経の一部を焼き切ることによって腎臓が出すレニンという物質の量を正常にする治療法です。

この投稿の続きを読む »

風邪のような症状が出る腎臓や心臓の病気&風邪薬が原因で起こる喘息

2016年10月10日 | カテゴリー:健康 腎臓

一見風邪のような症状が腎臓や心臓の病気が原因で起こる場合があります。誰もが普通に行う風邪対策をしただけなのに喘息を発症することも。1週間以上風邪のような症状が続いた時は別の病気を疑い専門医に診てもらいましょう。

この投稿の続きを読む »

藻塩で腎臓病を予防し高血圧やむくみを改善 減塩の町、広島県呉市の減塩法

2016年8月2日 | カテゴリー:健康 腎臓

タグ:

町ぐるみで減塩に取り組んでいる広島県呉市では、学校の給食の1食当たりの塩分量を2.3g以下に抑えたり、普通の精製塩と同じ量を摂っても塩分量を3分の1に抑えられる藻塩(もしお)がほとんどの家庭で当たり前に使われているなど、多くの人が減塩を心がけています。

塩分の摂りすぎが原因の病気に腎臓病があります。塩分の摂りすぎなどで腎臓へ負担をかけ続けていると、知らず知らずのうちに腎臓の働きが低下して機能がほぼ低下してしまうこともあります。

低下してしまった腎機能を回復させて腎臓を健康にする事は、むくみや高血圧などが改善されるというメリットがあるので、腎機能の低下に普段から気を付けて慢性腎臓病を予防することはとても大切です。

この投稿の続きを読む »

モズクで腎臓病を予防、放っておくと心筋梗塞や脳卒中を引き起こす事もある危険な尿の泡立ち方とは

2016年3月15日 | カテゴリー:健康 腎臓

朝のむくみ・尿が赤茶色・泡が消えない、慢性腎臓病の原因や前兆として現れる症状とは

2015年11月5日 | カテゴリー:腎臓

尿がいつもと違っていたり、むくみが朝に出てきたら、それは慢性腎臓病のサインかもしれません。慢性腎臓病とは、腎臓の機能が60%以下に低下し、正常に働かなくなってしまう病気で、血液中の水分や老廃物を十分に濾過できなくなる。

腎臓の機能は一度失われるとほとんど回復しないため、症状に気付かずが悪化させてしまうと、長時間の人工透析を週に数回行う事が必要になり、これを一生続けていかなければならなくなる。

腎臓機能は徐々に徐々にしか低下せず、ある時急激に低下する。その下がり始めをいかに見つけるかが勝負で、腎臓機能が低下している事を表す症状を見逃さない事が大切です。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ

イメージ画像