世界最高齢を2人輩出した徳之島の高齢者は長寿菌(ビフィズス菌・大便菌)を増やす食べ物を毎日食べていた

長寿菌とは

  • ビフィズス菌と大便菌
  • →2つの菌が多いほど病気にならず長生きできる

  • 腸の動きを活発にする
  • 免疫力を正常にする
  • がん細胞を抑える

長寿菌の中にはビフィズス菌と大便菌が入っている。

長寿菌の一つであるビフィズス菌は、生まれた時は腸内細菌の95%を占めているが、年齢と共に減っていき60歳以上になると1%以下にまで減ってしまう。

最近の研究で80歳以上の長生きの人や腸内環境が良い人達は、この長寿菌を普通の人より多く持っていることがわかってきた(辨野義己(べんのよしみ)博士の研究)

長寿菌を増やすために欠かせない要素の一つは食生活。辨野義己博士が世界最高齢を2人輩出した徳之島の高齢者の食生活を調査したところ、5つの長寿菌を増やす食べ物のうち1つを毎日食べていることがわかった。

徳之島の高齢者が食べている長寿菌を増やす食べ物①粒味噌

choujyukin1

  • 塩分が少ないのが特徴
  • 腸内のビフィズス菌を活性化して増やす働き
  • 粒味噌は大豆や米が細かく残っている味噌
  • ジャコ、ピーナッツ、豚肉などと和えて食べられている

徳之島の高齢者が食べている長寿菌を増やす食べ物②熟す前の青いパパイヤ

choujyukin2

  • 食物繊維が多く、長寿菌をどんどん増やしてくれる
  • 食物繊維が大便菌のエサになって増える
  • 大便菌が増える事で免疫機能の低下を防ぎ長生きに繋がる

徳之島の高齢者が食べている長寿菌を増やす食べ物③アオサ

choujyukin3

  • 大便菌のエサになる食物繊維が豊富
  • ミネラルも多くバランスが良い

徳之島の高齢者が食べている長寿菌を増やす食べ物④みき

choujyukin4

  • もち米を発酵して作る飲み物
  • 粒味噌と同じようにビフィズス菌を活性化する

徳之島の高齢者が食べている長寿菌を増やす食べ物⑤黒糖

choujyukin5

  • 黒糖に含まれるオリゴ糖が長寿菌を増やす
  • ビフィズス菌を活性化して腸の動きを活発にする

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事


2016年4月1日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像