腸内フローラを増やすとやせる効果や皮膚のキメが細やかに

chounaiflora
腸内フローラとは腸内の細菌の集まり。その数100種類以上100兆を超える細菌が住んでいる。善玉菌、悪玉菌、日和見菌など100兆もの細菌を、敷き詰められたお花畑に見立てて腸内フローラと呼ぶ。

これらの腸内細菌、重要なのはそれぞれの割合。
理想的なバランスは善玉菌20%悪玉菌10%日和見菌70%

腸内細菌のバランスを整える食べ物として有名なのがヨーグルト。

現在日本全国で出回っているヨーグルト。その数およそ7500種類。
主な違いは乳酸菌の種類。乳酸菌は効果が判明していないものも含めると数十億種類も存在するといわれています。

スポンサーリンク

期待できる効果も様々。

  • 免疫機能を高め整腸作用が期待できるヨーグルト
  • 皮膚に弾力が生まれ皮膚のキメが細かくなるヨーグルト
  • 花粉症の緩和が期待できるもの
  • プリン体と戦い痛風を予防するといわれるもの

などなど様々な効果があり、腸内フローラを増やすことでやせる効果や皮膚の状態を良くする事に繋がるというわけですね。

しかし、ヨーグルトを食べ続けているのになかなか効果が現れない、そう困っている人も多いはず。

自分にあったヨーグルトを選ぶことが大事で、選び方としては食べてみておいしいと思えるもの300グラムを2週間継続して食べることだそう。

腸内フローラと免疫には密接な関係が

ヨーグルトを食べることによってストレスを減らす効果が期待されていたり、紫外線による肌のダメージを抑えるといった研究報告も

ヨーグルトはいつ食べると腸内フローラを増やすのに効果的?

胃酸が沢山でている空腹時にヨーグルトを食べると善玉菌がやられてしまうので、食事中か食後に食べると善玉菌が生きたまま腸に届きやすい。

なぜ腸内フローラが注目されているのか

腸内細菌の大部分は空気に触れると死んでしまうので、検便しても菌がわからなかった。
研究が進んできて死んだ菌でもDNAを調べて菌がわかるようになってきた。

腸内フローラのバランスを改善して大腸がん予防

先日、俳優の今井雅之さんも大腸がんが原因で亡くなり、日本人に急増している大腸がん。50年前と比較しておよそ10倍も増加。
こんなにも増加している一番の理由は食の欧米化。
日本人は10年前は魚を良く食べていたが2006年を境に肉の消費量が逆転している。
運動不足やストレスなどで腸内環境を乱すことによって悪玉菌が増える環境ができガン化に影響する。

大腸がんの初期症状とは

  • 便に血が混じっているときは注意
  • 下痢と便秘を繰り返している人は注意
  • 細い便が続いている
  • おなかが張って苦しい状態が続くのは危険なサイン
  • 便をしても残便感がある

早期発見・早期治療が重要といわれている大腸がん。
これらの症状は風邪、便秘、痔でも同じような症状があるため注意が必要。
いつもと違う異変を感じたら医師の診断を受けよう。

スポンサーリンク

[関連リンク]
阿波晩茶やヨーグルトなどを食べて腸内フローラ改善しよう


関連記事

2015年6月1日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像