東尾理子の便秘が改善された美腸ヨガ 自律神経の乱れによる腸ストレスが原因の便秘に効果が期待

ヨーグルト、野菜、腸モミなど、何をやっても便秘が改善されない人は腸ストレスが原因かも。腸はストレスがかかると動きがパタっと止まってしまうのだそうです。

腸ストレスの原因は自律神経バランスの乱れ

自律神経とは背骨に沿って通る神経のこと。脳と繋がり体全体を巡り、呼吸、血液を流す、内臓を動かすなど、人間が無意識に行っている体の動きを司っています。

この自律神経のバランスが乱れていると腸の動きが悪くなり便秘や下痢をもたらすといわれています。

腸ストレスが原因の便秘に効果的な腸ヨガのやり方

腸ヨガはお腹周りを刺激するポーズで腸の動きを活発にし、ヨガ特有の動きと呼吸で自律神経を整えるエクササイズです。

夜にやる2つの腸ヨガ

(日中に高まった交感神経を鎮める&腸のポジションを整えるヨガ)

chouyoga1
四つんばいになり手を前に伸ばして床におでこをつける

この体勢で呼吸を5回する

chouyoga2
両手を後ろで組み肩と足をあげる

この体勢で呼吸を5回する

朝にやる2つの腸ヨガ

(睡眠中に静まった交感神経を高める&腸に刺激を与え排便を促すヨガ)

chouyoga3
ウエスト・お尻・内ももの筋肉を締めながら足をあげる

この体勢で呼吸を5回する

chouyoga4

この体勢で呼吸を5回する

朝に2ポーズ、夜に2ポーズを行います。

各ポーズになりながら「ハー」と声を出してお腹から息を吐ききり鼻から吸うように呼吸します。無理に息を吐こうとせず苦しくないくらいの長さで。

腸ヨガを実践した東尾理子さんの便秘が改善

便秘に良いと言われることは何でもやったのに全然良くならなかったという東野理子さんは、交感神経が高い状態で自律神経のバランスが乱れていました。

25年も便秘に悩んでいたそうなのですが、腸ヨガで自律神経バランスがよくなったおかげか、始めて2日目からほぼ毎日お通じがあったそうです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

出典:腸を知って身体のお悩み解決SP


関連記事

2016年9月7日 | カテゴリー:健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像