プロ丸山健太郎さんのドリップ&インスタントコーヒーの淹れ方

プロの丸山健太郎さんのコーヒーの淹れ方。一手間で劇的に味が変化するらしい。

※丸山健太郎・・・丸山珈琲代表。世界的品評会国際審査員として活躍。

美味しいドリップコーヒーの淹れ方

①ペーパーフィルターは必ずリンス(湯通し)する


紙の匂いがコーヒーに付くのを抑えられる

②粉を毎回計って淹れる

好みの量を調整するため
丸山さんの1杯の粉の量は10g?

③お湯を注いだ後、30秒~40秒蒸らす


お湯を注いだ時の泡がモコモコしている状態(炭酸ガスが出ている状態)はお湯と粉が接しない
30秒置き、炭酸ガスが抜けてから次のお湯を入れる事で粉とお湯がしっかりと接し、本来の旨味が抽出される

④最後までコーヒーを落としきらないでドリッパーを外す

最後のだしがらは苦味が強いため

⑤ドリップが終わったらよくかき混ぜる

上下で濃さが違う事があるため

⑥水で味が決まる

コーヒーに向いている市販の水は南アルプスの天然水
苦味が強いコーヒーは硬水、甘み酸味が強いコーヒーは軟水が向いている

インスタントコーヒーの淹れ方

○少量のお湯を注ぎ、よくかき混ぜてから残りのお湯を入れる


香りが際立ちコクが増したコーヒーになる

丸山さんが使っているコーヒーグッズ

①3つ穴のドリッパー

穴の数で抽出スピードが変わり味に違いが出る
3つ穴は抽出スピードが速くてスッキリした味わいが作れる

②ペーパーはカリタの「珈琲屋さんのコーヒーフィルター」を使用

素早い抽出力でスッキリした味わいを作れる

③カップを薄い磁気製のものを使用

厚みのある陶器製より薄いぶん口当たりが良い

スポンサーリンク

本当に美味しいコーヒーはミルクを入れても美味しいと言っていたので、この淹れ方で淹れたコーヒーはカフェオレにしても美味しいのかも?

ちなみに牛乳に合うペットボトルコーヒーはジョージアのだと思います。


関連記事

2018年1月23日 | カテゴリー:生活

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像