たくやの健康状態が悪化?ザ・タッチが8:16時間ダイエットとローカーボダイエットを実践

お笑いコンビのザ・タッチの2人がテレビ番組の主治医が集まる診療所に出演し、8:16時間ダイエットとローカーボダイエットを10日間実践した。2人は適正体重より20kgも重く、体脂肪も8%オーバーした明らかな肥満だった。

医者も実践している8:16時間ダイエットに弟かずやが挑戦

8:16時間ダイエットは24時間を食事をしても良い8時間と食事をしない16時間に分けるダイエット法。胃腸を休ませる16時間を作る事で消化器の働きが活発になり代謝がアップし脂肪がしっかり燃焼する。

実践したかずやは体重2.2kg、体脂肪が1.3%減少し、悪玉コレステロールと中性脂肪も大きく減少した。

8:16時間ダイエットのポイント

  • その日の最初に食事を始めた時から8時間は何を食べても良い
  • 食事の回数を極端に増やしたり8時間食べ続けるのはNG
  • 朝食を抜いても必ず水分を摂る
  • 無塩バターを小さじ2杯入れたバターコーヒーで空腹感を抑える※1日2,3杯まで

8:16時間ダイエットを実践した医師

    かたやま脳外科内科クリニック院長・片山成二医師

片山成二医師は糖質制限ではすぐリバウンドしたが、8:16時間ダイエットでは10kgの減量に成功し、現在もリバウンドしていない。片山成二医師は夕食はお腹がいっぱいになるまで食べているという。

緩やかな糖質制限法ローカーボダイエットに兄たくやが挑戦

ローカーボダイエットはカーボハイドレート(炭水化物)を緩やかに制限する食事療法。糖質を減らす代わりに脂を積極的に摂る事でエネルギー不足を防いで健康的に痩せる。

実践したたくやは体重3kg、体脂肪が2%減少したが、動物性・植物性・魚の脂をバランスよく摂っていなかったため悪玉コレステロールが増え、LH比が脳梗塞や心筋梗塞のリスクが急増するといわれる数値になってしまった。

ローカーボダイエットのポイント

  • 2食は炭水化物(糖質)を制限
  • 朝昼夜の内1食は何でも食べてOK
  • 動物性・植物性・魚の脂をバランスよく摂る
  • 主食を食べない分おかずを増やす
  • ドレッシングは糖質が少ないもの

制限する2食で食べて良い食品

  • 牛肉・豚肉・鶏肉すべてOK
  • 魚介類・魚卵・海藻類
  • たまご・大豆製品・キノコ類・ヨーグルト
  • 素揚げか衣の薄いから揚げ・油炒め
  • 塩・醤油・酢・マヨネーズ
  • 焼酎・ウイスキー・ウォッカ

制限する2食で食べられない食品

  • 砂糖・ハチミツ・みりん
  • ポン酢・ケチャップ・ソース
  • ビール・日本酒・ワイン

ローカーボダイエットを実践・考案した医師

    名古屋逓信病院・中村了医師

ローカーボダイエットを考案し、自ら実践した中村了医師は、最初の1週間で一気に6~7kg減り、6ヶ月で15kgの減量に成功。糖尿病や高血圧予防のため患者にも勧めている。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


関連記事

2016年5月10日 | カテゴリー:ダイエット 健康

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像