痩せにくい人でも効果があった レギンス&甘酒ダイエット

テレビ番組「私の何がいけないの?」の企画で、ダイエットエキスパートの和田清香が考案したレギンスダイエットに、タレント・飛沫淳のマネージャーばあや(菅由美子)が挑戦した。

ダイエットをする上で最大のネックは年齢。内臓脂肪を減らしたり筋肉量を維持する働きがある女性ホルモンは、50歳前後で訪れる閉経を機に減少するため年齢とともに痩せにくくなっていく。レギンスダイエットは、そんな痩せにくくなった人や、激しい運動ができない人でもできる。

ばあやも53歳で痩せにくい上、マネージャーの仕事柄、不規則な生活で食生活が極端に乱れていた事が原因で太っていたが、レギンスを履きながら入浴し、食事は今まで通りで間食を甘酒に置き換えるだけで、2ヶ月で体重10kg、ウエスト15cm痩せる事ができた。

レギンス入浴ダイエットのやり方

  • レギンスを履いて20~30分入浴しながら足をマッサージ
  • 間食のお菓子などを甘酒に置き換える
  • 運動は一切なし
  • 食事は今まで通りでOK
  • 痩せにくくなってきた人や、運動する時間が無い人、激しい運動ができない人でもできる

レギンス入浴がダイエットに役立つ理由

レギンスを履く事で脚やお腹に圧力がかかり血流が良くなり痩せやすい体になる。血流が良くなるためむくみや冷え性にも良い。

入浴しながら行うマッサージ方法・むくみ解消運動

rg2
①右足を左足の上に組む

rg3
②足をしっかり掴み、足先をぐるぐると大きく5回まわす(逆の手で足首を固定)

rg4
③同様に逆の足も行う

足はお湯に浸かったままがいいが、お湯から出てても効果あり。

入浴しながら行うマッサージ方法・代謝アップマッサージ

rg5
①両手でこぶしを作り、膝から足の付け根に向かって押し流す

rg6
②左右の脚で5回ずつ行う

セルライト解消マッサージ

rg7
①両手で太ももを雑巾を絞るようにマッサージ

rg8
②太ももの内側と外側、それぞれ5回ずつ行う

ばあやが初めて入浴しながらマッサージしたところ、入浴1回だけでヒップ・太もも・ふくらはぎが1cm~2cm痩せる事ができた。

スポンサーリンク

間食に飲む甘酒の種類

米麹から作られた甘酒

甘酒は飲む点滴と言われるほど栄養が豊富。代謝を促すビタミンB群や、腸内環境を整える食物繊維も含まれ、ダイエットだけでなく便秘解消にも役立つ。少しの量で満腹感もあり空腹を満たす事ができる。

飲む甘酒は、酒粕で作られた甘酒は糖分が多いため、米麹から作られた甘酒を選び、1日100~120mlを目安に摂取する

ばあやはアルコールゼロの甘酒で実践した。

飽きてきたら

甘酒に飽きてきたら、ショウガを入れたり豆乳と混ぜたりすると美味しくなるそうだ。

若いほど効果が高い?

ばあやよりも若い、漫画家の倉田真由美(44)もレギンス入浴&甘酒ダイエットを実践した。ばあやは2ヶ月で-10kgだったが、倉田真由美は2週間で5kg痩せる事ができた。

参考
女性ホルモンの分泌を促す運動や食べ物
女性も必要になるテストステロンを増やす運動方法と食べ物
シナモンが女性ホルモンの不足を補う

スポンサーリンク


関連記事

2015年11月9日 | カテゴリー:ダイエット

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

イメージ画像